FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「風のうわさ」野口五郎

    「風のうわさ」野口五郎
    作詞・麻生香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji (東海林 修 )
    '78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル

    1978年10月28日より11月12日まで行われた
    78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル。
    昭和53年度第33回芸術祭大衆芸能部門優秀賞受賞。
    Osamu Shojiは 指揮・ピアノ、音楽監督を担当されました。

    共に生きた仲間も
    やがて それぞれの道を進み始める。

    先のことなど まるでわからないけれど
    どんなに遠く離れても
    共に生きた時代があれば
    その人は同志であり 人生の道連れだと
    私は思っているのです。

    「風のうわさ」

    その人のようで その人でない、という
    ジュリーやヒデキやヒロミやモモエ・・・・

    まだ振り返る時期ではなかったけれど

    時が経ち 離れ離れになった気持ちで
    穏かに振り返って歌う、という世界。

    「あの頃 みんなで 語り合ったよ
    ときには喧嘩もしたけれど
    今では 誰もが大人になって
    なんだかちょっぴり 淋しくなったよ」


    時間だけは 平等に与えられ
    静かに時は流れる。

    あんなに賑やかに
    熱狂の中で
    競い合い切磋琢磨した日々も
    いつかは夢のように消えていく。

    ほんとうに これで良かったのか。
    間違いなく生きたか。

    ずっと この胸に問いながら生き続ける。

    穏やかで優しいこの歌の世界が
    そっと 心を癒してくれます。


    東海林先生も天国へと旅立たれましたが
    共に生きた時代を 五郎さんには
    忘れずにいていただきたいと思うのです。

    これほどまでの 名曲、
    胸に残る素晴らしい歌を
    こんなにもたくさん作ってもらえた幸せな歌手は
    野口五郎さん、ただ一人なのですから。

    78日生劇場

    '78 野口五郎 日生劇場 特別リサイタル +4<タワーレコード限定>
    http://tower.jp/item/4300289/'78-%E9%87%8E%E5%8F%A3%E4%BA%94%E9%83%8E-%E6%97%A5%E7%94%9F%E5%8A%87%E5%A0%B4-%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AB-%EF%BC%8B4%EF%BC%9C%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E9%99%90%E5%AE%9A%EF%BC%9E


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント