FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「最終案内」野口五郎

    「最終案内」野口五郎
    作詞・作曲 さだまさし 編曲・Osamu Shoji (東海林 修)
    1977年10月7日~11月19日  秋の六都市コンサート 

    とても珍しい試みだと思ったのですが
    さだまさしさんの楽曲を このステージではカバーされました。

    知らずに聴くと これは五郎さんの
    オリジナル作品なのだろう、と思うほどに
    ピタリと雰囲気が合っており
    エアポートでの 別れのシーンに
    胸がキューンと しめつけられます。

    「最終案内が 答えを告げる
    穏かな声が ロビーに響く
    君の淡い肩がこころなしか震え
    チケットにすがるように背中を向ける」

    列車の別れは
    遠ざかる人を見えなくなるまで見送ることが出来ます。
    そして遠ざかるその姿を
    スローモーションのように心に残すことができますから
    どこかドラマチックで美しい記憶として残せますが

    飛行機での別れは
    ある地点で遮られ
    空を飛んで消えていくのですから
    なんともせつない別れです。

    搭乗ロビーに入るところでの別れとなりますが
    じっと立ち尽くし 見送る人を
    振り向き振り向き前に進むのですが
    見送る人の顔の表情が いつまでも心に残り
    それが永遠の別れとなるならば
    こちらの別れの方が ずっと悲しい。
    本当に エアポートでの別れは
    悲しいものです。

    飛行場は 二人で旅立つ場所。
    スタートの場所としてふさわしい場所だと
    私は感じます。

    繊細な さだまさしさんの歌の世界。
    五郎さんの繊細さが よく合っています。

    そして この歌を語らせるように歌わせた
    Osamu Shojiの音楽が またとても素敵です。

    静かにこの世界に浸りたい。

    五郎さんの歌声が
    胸に沁みます。

    秋という季節にぴったりの
    大人のラブソングが聴けるコンサートでした。

    この作品が入った '77秋の六都市コンサートは
    2016.9.28にタワーレコードさんにより復刻されました!

    6大都市コンサート77
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント