FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「夢見るペンギン」長谷川真弓

    「夢見るペンギン」長谷川真弓
    作詞・作曲 後藤悦次郎 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1984年 アルバム「トゥインクル」

    80年代の 豪華フルオーケストラで聴く
    アイドルの歌・・・・・

    あまりにも
    あまりにもOsamu Shojiの音楽が素晴らしすぎるだけに
    このあまりの歌の幼さが悔やまれます。

    いつも書きますが あと数か月でも
    ボイストレーニングを積んでいただきたかった。

    中二という微妙なお年頃・・・・・
    この方は ゆっくりと成長されているタイプで
    歌声がとても幼く感じます。
    今の時代なら みんなもっと大人びている。
    こんなほんわかとした マシュマロのような女の子を
    見つける方が難しいと思います。

    この作品は まさにメルヘン。
    イントロを聴くだけで 夢の世界。
    美しく 華麗なファンタジーです。

    なんて素晴らしい音楽。
    まるで何かのミュージカルの幕開けのようです。

    この曲はある意味等身大の真弓さんなのだと思います。
    なので 微笑ましい優しい世界です。
    とてもかわいいし ほんわかとします。

    ふるさととおく ゆめにみる
    ガラスの家に 住む私
    白い世界へ かえりたい
    愛する人が 待つ国へ


    しかし・・・・これほどのすばらしい音楽なら
    もう少し 歌唱力と表現力がほしいところです(´;ω;`)
    あまりにも幼すぎます。

    絶対売れてほしかったので
    私も真剣に考えたのですけれど
    この方のシングルA面は「季節は変わっても」が
    よかったと思うんですよね~~っ
    この方の良さが出ています。

    どこか郷愁を誘うもので
    とても良いです。

    やっぱり この方は女優さんなので
    セリフが 歌ってる人と同じ人とは思えないくらい
    大人っぽくて胸にガツンと来ます。
    セリフが たまらないんですよね~。
    人の 心を震わせる語りなのです。

    もったいないなぁ~~っ(涙)

    そして レコードのジャケットは
    絶対変えます。
    赤い服なんて着せません。
    このアルバムのジャケットなら
    よかったですよね~。

    私はこんな素晴らしい作品があったことに
    感動する日々です。

    あちらの世界に行ったら
    先生に すごく良かった!!と
    絶対伝えたいと思います。
    トゥインクル

    いつか馬車に乗って(アルバムバージョン)
    しずくの子
    パセリの森
    星に約束
    夢見るペンギン
    いつものバスで
    ママほほえんで
    季節は変わっても
    パパ踊って
    星たちの唄
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント