FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ディスコ・キッド」佐渡裕,シエナ・ウインド・オーケストラ

    「ディスコ・キッド」佐渡裕,シエナ・ウインド・オーケストラ
    作曲・編曲 Osamu Shoji 東海林 修
    アルバム「ブラスの祭典(3)」

    この作品は佐渡裕指揮、シエナ・ウインド・オーケストラ演奏によるもので
    2005年に発売されました。
    もちろん 私も当時から購入して聴いております。

    東海林先生は いろんな音楽の分野でご活躍されてきました。
    60年代の歌謡曲から始まり
    幅広くご活躍されてきましたので
    それぞれの音楽にファンがいます。

    当時 先生のファンサイトが出来、
    たくさんファンが集まり 日々大変な盛りあがりを見せていました。
    ジュリーやゴロー、ビーナッツ、101、999、シンセ etc・・・・
    多方面からファンが集まって 日々音楽を語り
    パソコンの前でお腹を抱えて笑う、という
    本当に楽しい日々でした。
    いろんな方面から集まったからこそ
    あんなに楽しかったんだろうと思います。

    そうして盛り上がっているうちに
    また違う大きな波が押し寄せてきました。

    それが「ディスコ・キッド」という作品の
    ブームの再来です。

    まだ みんなでワイワイ言っていたときには
    先生も 忘れていらっしゃったようです。
    もちろん 集まってきた私たちも その世界は知らなくて
    本当にひっくりしました。

    やがて 大きなうねりとなり、
    先生は怒涛の日々に突入されることになりました。

    きっかけは シエナさんでした。
    シエナ吹奏楽団の
    ウエッブサイトに於ける人気コンテストに於いて
    最もよい作品、と認められたからです。

    2002年の12月に 横浜 みなとみらいホールにて
    シエナの佐渡さんより表彰をされました。
    数日して 表彰式から帰って来られた先生は感慨深く
    喜びを語っていらっしゃいました。
    当時の館長さんも お知り合いだったとのことで
    とても懐かしくうれしい事だったというお話しも、当時伺いました。

    この作品は '77の吹奏楽コンクールの課題曲でした。
    25年も経って・・・のことでした。

    人生は 本当にすごいことが起きるものです。
    真摯に音楽と向き合い 真面目に取り組んで
    素晴らしい作品を残されていれば
    再びこうして きちんと評価を受けることがあるのだ・・・と
    驚きとともに感動しました。

    私の中に 
    人生 真面目に頑張っていれば
    きっと報われるれる時が来る・・・と
    インプットされる出来事となりました。

    先生は 本当に素晴らしい音楽を作って来られましたが
    この世界が
    一番きちんと評価された世界なのではないでしょうか。

    佐渡さんの指揮によるシエナさんの「ディスコ・キッド」
    パワーがあります。
    華があるというか、心が躍るというのか
    それぞれの聴かせどころもあり、、
    楽しくて 音が良くて
    キラキラとした「ディスコ・キッド」なのです。

    とにかく 聴き終わったあとは スカッとして
    あーー楽しかった!!
    もう一回!!
    という気持ちになります。

    聴いて力が湧くようなシエナさんの「ディスコ・キッド」です。
    音楽って楽しいなぁ、って思いますもの。

    先生の音楽には まだまだ素晴らしい世界がいっぱいあります。
    ですから これからも 楽しみにしたいと思います。

    siena.jpg
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ブラスの祭典3 [ 佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ ]
    価格:2657円(税込、送料無料) (2018/8/21時点)



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント