FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「グラナダ」寺内タケシ(「エレキギターのすべて」)

    「グラナダ」寺内タケシ(「エレキギターのすべて」)
    演奏・寺内タケシ/宮間利之とニューハード/新室内楽協会 
    1963年3月発表作品。
    作曲・Lala,Siegel,Musel,Lisbona,Poletto 編曲・Osamu Shoji(東海林 修)

    私は最近
    人生は宝探しなんだなぁ、と思うようになりました。

    好きな物を手に入れる
    好きな人に出逢う
    好きな本も 
    好きな音楽も
    すべてこの人生に大きく影響を与え
    自分の人生を変えていく。
    この心を動かすものに導かれ
    人は生きていく。
    すべての出逢いは 人生の宝物です。


    そして人は人生のお宝を探し求めて
    一生旅を続けるのだなぁと思います。

    お宝が見つかった時の喜びは
    「生きてて良かった」
    そんな心境、とでもいうのでしょうか。

    自分はお宝の中で生きている。
    ふとそんなことを今日は思いました。

    さて 前置きが長くなりましたけれど
    この作品に出逢ったときは
    本当にお宝だと飛び上がりました。

    12曲中 8曲がOsamu Shojiの編曲作品です。

    寺内タケシさんといえば「エレキの神様」と言われる方ですが
    このアルバムは寺内さんが エレキの本質を叫ぶような
    社会の認識を覆したいという強い想いをもって挑戦された
    意味のある素晴らしいアルバムだと
    私は思います。

    私がこのアルバムと出逢ったのは
    初CD化された1995年でしたが
    何気なしに聴いた私でも
    とても衝撃的であり感動的でした。

    このアルバムの 
    100名にわたるオーケストラの演奏とともに響く
    力強いキダー。
    言葉になりませんが
    聴いていくうち うっと 胸に湧きあがるものがあります。

    ライナーには
    「現在わが国に於ける最高のアレンジャー」と
    Osamu Shojiのことを紹介されていますが
    音楽を聴くと 本当にそうなのだと 納得させられる
    素晴らしい音楽です。

    1995年に初CD化されましたが
    2006年に再販され
    そして2010年にまた CD化されています。

    名盤は こうして
    人に愛され 引き継がれていくのだと
    確信したアルバムです。

    エレキギターのすべて
    収録作品
    1. グラナダ※
    2. 黒い瞳
    3. 禁じられた遊び ※
    4. 第三の男 ※
    5. ジャニー・ギター※
    6. 駅馬車 ※
    7. マラゲーニャ ※
    8. ウォーク・ドント・ラン※
    9. 魅せられしギター※
    10. キャラバン
    11. テネシー・ワルツ
    12. ウスクダラ

    ※Osamu Shoji編曲作品

    エレキギターのすべてエレキギターのすべて
    (2010/05/26)
    寺内タケシ

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント