FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「朝の食事」太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夜を盗む男たち」)

    「朝の食事」太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夜を盗む男たち」)
    作詞・プレヴェール 訳詞・大岡 伸 作曲・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年発表作品

    昨日 大人の愛の歌ならばと・・
    菅原洋一さんの歌を書きました。

    大人の愛の歌なら
    ぜひ紹介したい世界があります。
    それが 
    太田幸雄とハミングバーズ(アルバム「夜を盗む男たち」)です。

    先日「アリカンテ~夜のパリ」を書きましたが
    プレヴェールの詩が Osamu Shojiの音楽により
    鮮やかに美しく 心のスクリーンに映し出されるように感じられます。

    イントロから クラッシック音楽かと思うような
    繊細で美しい弦の響き。
    上品で優雅なイントロは
    すてきな物語を予感させます。
    プレヴェールの詩が
    Osamu Shojiの音楽によって
    より感動的にイメージできます。

    大人になってわかることは
    人間は本当に悲しいときは
    泣いたり叫んだりしないものだということです。

    淡々と語られる言葉の中には
    目の前に見える描写のみ。

    けれど
    だからこそ
    心がよく見える。

    Osamu shojiのメロディは
    心の動きやその情景を
    映画のように
    この心に映し出します。

    悲しい別れも
    あまりにも美しい。

    「あの人
     レイン・コートを着た
     雨が降っていたから
     あの人 出ていった
     雨の中へ
     ひとことも話さず
     あたしを一度も見ずに」


    特に好きなところです。

    音楽が すべてを語っている。
    思わず込み上げる。

    こんな素敵な音楽を
    聴くことが出来て幸せだと思う。

    すごく沁みる。

    どなたかカバーして歌って
    歌ってくださらないかと
    すごく思っています。

    プレベールとOsamu Shojiの
    夢の共演。

    美しい世界。

    夜を盗む男たち

    収録作品
    1.Opening※
    2.スティーブ・マックインみたいな奴
    3.アリカンテ~夜のパリ※
    4.恋の四月、恋の九月
    5.メランコリーの好きな人に
    6.小さなハワイ娘※
    7.サガンのような恋
    8.夕陽に赤い帆
    9.洒落た関係
    10.マダム・フリージア
    11.クロッカスの小径
    12.朝の食事※
    13.バルバラ※
    14.小さな竹の橋
    15.珊瑚礁の彼方
    16.星の船出

    ※作曲・全編曲Osamu Shoji
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント