FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「幸せな日々」(組曲「旅」)布施明

    「幸せな日々」(組曲「旅」)布施明
    作詞・山上路夫 作・村井邦彦 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年「布施明ダブルデラックス」

    数日前、 ヒロ ムライという方が
    日本人初のグラミー賞最優秀ミュージック・ビデオを受賞したとのことで
    ニュースで取り上げられていました。
    顔を見たら すぐにわかりました。
    村井邦彦さんにとても似ていらっしゃったからです。

    村井邦彦さんは 現在ロスにお住まいだそうです。
    村井邦彦さんは
    「作曲に関しては、東海林修に学んだところが多いと語っている。」
    とウィキペディアにも出ていますが
    足を向けて眠れない先生、と Osamu Shojiの作品のライナーに
    書いていらっしゃいます。
    東海林先生も 一時は もう日本に帰らないつもりで
    ロスに行っていらっしゃったことがありました。

    しかし 強い要望もあり
    結局日本に戻って来られて
    人生を日本で終えられる結果となりました。

    息子のヒロ ムライさんの受賞の件で
    村井邦彦さんがインタビューを受けていらっしゃいましたが
    村井邦彦さんを拝見すると
    東海林先生もアメリカで生きる選択肢もあったのに・・・と
    考えてしまいました。

    けれど 先生の音楽で育ってきた自分は
    日本に帰ってこられたことに感謝しています。


    「幸せな日々」は5曲で ひとつの物語。
    組曲「旅」の中の三番目の歌。

    出逢い、互いを意識するようになり
    愛し合う。

    人を愛する歓び、
    出逢えた歓びがあふれている。

    「言葉はいらない 二人はからだで
    愛するいのち たしかめあって
    今日も生きていく」

    布施さんの歌声も 喜びにあふれている。
    幸せが胸いっぱいにあふれる。

    もともと 布施明さんの持っているものは
    とても明るい。
    声もとても明るいので
    幸せな歌を聴くと
    とても幸せな気分になれるし
    幸せがあふれてくる。

    考えてみれば
    人生において こんな幸せな時は
    そう長くは続かない、とこの年になると感じる。

    だけど確かに
    こんな風に 幸せを叫びたい時代はあった。

    そのことを
    喜びとして 残りの人生を生きたいと思っています。
    id_6009075211.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント