FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「少女よ」野口五郎

    「少女よ」野口五郎
    作詞・麻生 香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1976年7月21日発売      アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    かつて このアルバムが出た時
    この「少女よ」を初めて聴いて 衝撃を受けました。

    胸に抱えきれない悲しみや
    不安や 苦しみ。
    どうして生まれてきたのだろうというような
    自分自身への問いかけ。
    夢が見えない中で
    幼いながら、もがいていた自分を
    優しく抱きしめ すくいあげてくれた世界でした。

    私はこの歌を聴き
    心から涙を流しました。

    足の軛がほどかれ
    飛び立てる気がしました。

    どんな状況であろうと
    この歌 一曲あることで
    大きな夢が持てました。

    少女よ
    南に帰る渡り鳥たちの 脚の軛をほどいておあげ
    少女よ
    解き放された渡り鳥たちの 嬉しそうな 翼をごらん
    生きていくことは いつも囚われの身
    自由になりたいと もがく魂よ
    地球を越えて帰る鳥たちを 見送ろう


    そして この作品は ロスで録音されましたが
    その乾いた感じがとても良いのです。
    これが ロンドンやニューヨークで録ると
    全く違ったものになっていたと思います。

    この音だから 乾いた心に深く染みたのです。
    そのことを 最近になって 強く思いました。

    この詩の世界は特別です。
    最初から最後まで 心に染みます。
    そして優しい心を取り戻せます。

    優しさに満ちて美しい。

    これを 名曲と言わずして
    なんといいましょうか。

    人生は 色々なことが起きて
    生きても生きても 試練の連続です。

    私には この歌が
    心の塗り薬となりました。

    そして今
    この「少女よ」は
    私にとっての 子守歌のように響きます。

    ほんとうはもう
    私は海に帰りたい。

    けれど まだ私は試され続ける。

    一生懸命、優しい気持ちで生きている。
    なのに 人を傷つけて
    大切なものを失う。

    愚かな自分を責めずにいられない。

    だから やっぱり人生の最後は
    「少女よ」をかけてほしい。

    この歌に見送られたい。

    この歌に人生を重ねてきたことに
    気づかされます。

    この歌に出逢えたことに感謝します。

    ありがとう。
    いつも私を抱きしめてくれて。
    これからも この「少女よ」とともに・・・・。



    北回帰線
    1. 紀元0年
    2. 薔薇
    3. 航海日誌
    4. ボトル・レタア
    5. 北回帰線
    6. グッド・ナイト
    7. 少女よ
    8. 狂った地球(かじつ)
    9. 汚さずにいられない
    10. 新宿午前四時
    11. 21世紀箱舟の出帆


    尚、Osamu Shojiシンセサイザー作品で、
    「少女よ」が入った
    野口五郎さんへの作品集「少女よ」は
    先生がお亡くなりになられた今、
    購入することが出来ません。
    お持ちの方は どうか 大切になさってください。
    先生の心、ですから。
    少女よ

    1. 箱船の帰還
    2. 水平線へ
    3. 少女よ
    4. 愛のラルゴ
    5. Bottled Letter
    6. 歌がある限り
    7. されど青春
    8. Chorus Line
    9. See you again


    "北回帰線~ゴロー・イン・ロスアンジェルス,U.S.A."
    (1995/04/26)
    野口五郎

    商品詳細を見る


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント