FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「別離」(わかれ) 布施明

    「別離」(わかれ)  (組曲「旅」)布施明
    作詞・山上路夫 作・村井邦彦 編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1970年「布施明ダブルデラックス」

    昨日 
    布施明さんが声帯ポリープと診断されたことを公表された、という
    ニュースが出ていました。
    治療を続けながら ツアーを4月まで続けられるそうです。
    「歌手生活54年目にして、初ポリープ(苦笑)」と
    コメントされています。

    布施さんのように 素晴らしい歌声をお持ちの方が
    これまで 何事もなく ずっと歌い続けていらっしゃって
    当然 世の中の人も 布施明さんが歌えなくなるようなことが
    あるはずなどない、と考えていますから
    このようなニュースが出ると
    思いがけず動揺します。

    歌い続けていただかないと困ります!!と
    たくさんの方が思っていると思います。
    もう71歳なのだそうです。
    年齢を感じさせない パワーのある歌声に
    今さらながら 感動を覚えます。
    きちんと 治療をされて 
    ずっと歌い続けていただきたいです。
    布施さんの健康をお祈りします。


    さて「別離」は
    組曲「旅」の中の4番目の歌。
    5曲でひとつの物語。

    出逢い、互いを意識するようになり
    愛し合う。
    けれど別れの時が来て・・・・。

    「別離」(わかれ)
    どこか違う国の歌のタイトルのようでもありますが
    これは 布施さんのオリジナル作品です。

    日本人というのは
    どちらかというと どっぷりと悲しみに浸ることが好きで
    悲しいときは いかにも悲しい歌を聴き
    感傷に浸ることをしたいタイプだと思いますが
    この 布施さんの「別離」は
    悲しい別れではあるけれど
    愛する人の幸せを祈り 前を向いて歩く、
    というような希望の感じられる別れです。

    「明日のあなたのために 青空かがやけ
    ひとりのあなたのため そよ風唄えよ
    愛をこめさようなら 愛したあなた」

    途中より転調して 敢えて明るい曲調にされ
    希望のある作品にされているところが
    この お三人の作家ならでは、だと思います。
    2人の前途を明るく照らすような作品にされています。

    そして布施さんの「愛をこめ さようなら 愛するあなた」
    この素晴らしい歌声は 感動ものです。

    人生は出逢いと別れの繰り返し。
    別れは 何度経験しても 骨身に堪えます。
    ずっと泣いていたいけど それも出来ない。
    顔を上げて前に進まなくてはならない。

    この作品を聴くと 胸に希望があふれてきます。
    id_6009075211.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント