FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ジェシー」 野口五郎

    「ジェシー」 野口五郎
      日本語詩:非公表 作詩・作曲:JANIS IAN  編曲:Osamu Shoji(東海林修)

    1975年11月15日中野サンプラザホール
    「'75ゴローインサンプラザ~美しい愛のかけら~」

    今でも 残念でならないのは
    絶頂期ともいえる若き良き時代の 
    あの素晴らしいステージの音源が
    音源化されなかった、ということです。

    とはいえ ラジオ番組で
    一部は 流れていましたので
    ステージの音源はあったはずです。

    マエストロOsamu Shojiとの
    華やかで感動的なステージの

    1. '75GORO IN KOKUSAI浅草国際劇場リサイタル
    2. '75ゴローインサンプラザ~美しい愛のかけら~
    3. '76日劇リサイタル~女友達~


    しかもコンサートホールは
    国際劇場、中野サンプラザ、日劇です。

    歴史的にも貴重なものだったと思います。

    この3つのステージが音源化されなかったことは
    本当に残念なことでした。
    どうしてもそのことは お伝えしておきたいのです。

    さて このステージで歌われました「ジェシー」は
    ジャニス・イアンの作品のカバーですが
    この作品は 贅沢な オールストリングスによるカバーとなっております。

    マエストロOsamu Shojiは 日本のポップス界のイメージが大きいのですが
    オーケストラや吹奏楽での編曲もされる マルチな作曲家でもあり
    指揮者でもあり、
    ピアニストでもあり、
    シンセサイザー奏者でもあり、
    日本のポップス界を牽引され続けて来られた重鎮でもあります。

    1969年には100人のストリングスという
    高珠恵さんも参加されたアルバムにおいて
    ストリングスの編曲を一人で担当されるほどで
    特にストリングスアレンジでは
    繊細で緻密なアレンジをされる
    素晴らしい先生です。

    そのマエストロOsamu Shojiによる
    ストリングスアレンジで聴く
    五郎さんのジェシーは 絶品でした。

    「ジェシー もう何もいらない
    だから帰っておいで
    ジェシー もう忘れよう あの日のことは
    いいね 帰っておいで
    ・・・・・
    ジェシー やり直そう」

    優しく温かく語りかけるように歌う五郎さん。

    美しいストリングスと
    温かい五郎さんの歌声

    本当に胸が熱くなるものでした。

    絶品だったのに
    音源化されませんでした。

    その後 五郎さんがこの「ジェシー」を
    ライブで歌われることもありましたが
    英語で歌われていました。

    この素晴らしい歌詞の方が
    私は ずっとずっと日本人には伝わるし
    胸に届くと思いました。

    音源化されていませんから
    作詞者も公表されていませんが
    コアなファンでしたら
    どの先生が日本語詞を書かれたか
    わかるはずです。

    心にすーーっと沁みる言葉が
    この演奏と五郎さんの歌声にぴったりです。

    本当に贅沢なコンサートでした。

    もしこのコンサートに行かれた方がいらっしゃいましたら
    すごいコンサートに行けたことを
    どうぞ誇りにしていただきたいと思います。

    参考音源 Janis Ian  Jesse

    IMG_04991.jpg

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント