FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「愛がすべて」野口五郎

    「愛がすべて」野口五郎
    作詞 Hugo&Ruigi/George David Weiss
    作曲:Hugo&Ruigi/George David Weiss 編曲:Osamu Shoji (東海林修)
    日本語詞・非公表
    ’76明治チョコレートコンサート

    1976年2月7日~3月に行われた’76明治チョコレートコンサートで
    歌われた「愛がすべて」は
    サビの部分
    「I can't give you anything
    But my love, but my love」
    というところは 英語で 

    そして一部は
    このような日本語詞をつけられて歌われました。

    「たとえ別々に二人生まれても
    死んでいくときは同じさ」

    今や スタンダードナンバーとなった
    1974年スタイリスティックスの「愛がすべて」。
    ドラマチックなトランペットのイントロを聴くだけで
    もはや夢の世界、といった感じですが
    五郎さんはこのコンサートで
    スタイリスティックスのこの曲とファンキーウィークエンドをカバーされてます。
    五郎さんの伸びのある高音がマッチして
    とても心地よく響いています。

    当時のコンサートは Osamu Shojiの洋楽のアレンジが
    毎回、圧倒的にカッコよく
    とにかくパワフルで 五郎さんも生き生きとステージの上で歌われており
    ファンをシビレさせていらっしゃいました。
    最高でした。

    こうして語られるのは
    当時のラジオ番組で コンサートの音源を放送してくださったからです。
    (1976/3/20)ハローゴロー・ラブ・ラブ・ラブで
    3/13大阪厚生年金会館公演の第一部を放送されました。
    感謝としか言いようがありません。
    明治チョコレートコンサート


    参考音源 スタイリスティックス
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント