FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「花のさだめ」中尾ミエ

    「花のさだめ」中尾ミエ
    作詞・なかにし礼 作曲・平尾昌晃 編曲・Osamu Shoji(東海林修)
    1968年1月発売シングルA

    いつもぼんやりとして過ごしていますが
    不思議と 自分が好きなアーティストについての情報は
    ポンッ、と 入ってくるから不思議です。

    中尾ミエさんのことも
    何気に見ていたら大きな情報が入ってきました。
    なんと 渡辺プロに 復帰されたそうです!!
    びっくりです!!

    これは 私にとっては うれしいニュースでした。
    ますますミエさんの活躍が期待されます。
    そして 過去の音源ですが
    復刻のチャンスがこれから出てくるのではないでしょうか。
    (∩´∀`)∩

    渡辺音楽出版さま!
    ミエさんの東海林修作品を全部復刻してくださーーい。

    最近はミュージカルで全国を回られているミエさんですが
    コンサートなど近くであったら
    絶対行きたいです!!
    これからの活動が楽しみです!

    「花のさだめ」ですが
    オークションで手に入れました。
    ジャケットがとってもすてきです。

    ところで この作品はオリジナルですが
    1968年という時代を映すような作品となっています。

    最初聴いた時 私のイメージから
    この曲は かけ離れていたんですけど
    何度も何度も聞くと なかなか面白いです。

    この一流の三人の作家でしたら
    もっと・・なんていうか
    近寄りがたいくらいに 
    圧倒的に大人の、
    難しい美しい歌でもよかったと思うのですが

    これは それぞれが 世の中の人に寄り添おうとして
    作られた作品だと思います。

    さだめ・・・というと どうしても演歌っぽいイメージがあって
    タイトルは もっと違うものでもよかったのではないかなぁ・・とも
    思うんですが
    演歌好きの人にも聴いていただける作品になったように思います。

    この曲なら他の方に編曲を頼まれてもよかったような気もするんですけど
    そこはOsamu Shojiですから
    ストリングスアレンジなどが加わって すごくパワフルで
    普通の流行歌になどしたくない、という意思が
    はっきりと見えます。
    弦を弾いている人の姿が見たいくらいプロフェッショナルな感じです。

    色々なものを融合しながら
    ミエさんのパワーあふれる歌声が生きるようにと
    作られたのでしょう。

    この作品もぜひ 復刻していただきたいです。

    これからのミエさんが楽しみです!!

    花のさだめ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント