FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「マイ・ウェイ」 ワカとヒロ

    「マイ・ウェイ」ワカとヒロ
    訳詞・岩谷時子 作・Paul Anka 編曲 Osamu Shoji (東海林修)
    アルバム「ワカとヒロ/ヤング101」

    最近 ヤング101の「オレンジ」という歌が
    ラジオで放送されたとのことで
    話題になっています。
    沢山の人が この作品の深さに釘付けになり
    感動されたようです。

    あの時代に こんな垢抜けた
    すごい音楽があったのかと
    みなさん驚かれたはずです。
    最後の最後のあの音楽など
    身震いするような感覚さえあります。
    Osamu Shoji の音楽は 
    その窮状まで見える音楽なのです。

    長くOsamu Shoji の音楽を聴き続けてきた私からしますと
    当然のことなのですが
    この当然に 
    なかなかスポットライトを当ててくださる方がいないものですから
    今回のことは 本当にうれしく
    有難いことだと感じます。

    さて101にスポットライトが当たってまいりましたので
    今日はワカとヒロさんの音楽について書くことにしました。

    ワカとヒロさんのお二人が出されたこのアルバムは
    プロデュースと編曲はOsamu Shoji となっています。

    A面はすべて英語で歌われており
    通が聴くような選曲となっています。
    中でも「アメリカン・パイ」は圧巻ですが
    当時の世の中の音楽のレベルからすれば
    かなり難しい感じになっており
    子供から年寄りまでわかる音楽、というわけではありません。

    こうして今 聴いていますと
    Osamu Shoji は お二人を
    世界に出したいと思っていらっしゃったのだと思います。
    NHKの番組から出られた方達ではありますが
    目指すところは はるか彼方の
    世界に向いていたのではないでしょうか。

    B面は 日本語で歌われ
    オリジナルや
    有名なカバー曲を入れられました。
    B面は みんながわかるように
    楽しめるように、という配慮をされたのだと思います。

    Osamu Shoji もお若くて
    とてもスマートで洗練されたパワーのある編曲となっています。
    ロスに行かれていたこともあって
    日本人が作られた音楽とは 
    とても思えません。

    この作品は 今でもたくさんの人が歌われ
    だれもが知っている作品です。

    面白いのは このお二人が歌われているのは
    岩谷時子さんの訳詞バージョン、ということです。

    Osamu Shoji はこの 「マイ・ウェイ」を
    何度も何度も 違った編曲で世に送り出していらっしゃいます。
    ゆかりさんが歌われたものは 英語バージョンでしたが
    しなやかで洗練された編曲をされていますし
    五郎さんの歌われたものについては
    格調高いものや エネルギッシュなもの
    晴れやかなもの 人生を振り返るもの・・・と
    ステージにより がらりと雰囲気も変えて聴かせてくださいました。
    同じ歌でもこんなに違うのか、と
    衝撃を受けるくらいでした。

    五郎さんは10代の頃からでしたので中島淳さんの訳詞の
    「マイ・ウェイ」を歌われております。

    そしてこちらの「マイ・ウェイ」はワカのソロとなっていますが
    岩谷時子さんの訳詞バージョンです。

    「人は皆いつかはこの世を去るだろう
    誰でも 自由な心でくらそう
    私は私の道を行く」



    今 この年代で聴くと
    この詩の方が胸に強く響きます。
    長く生きてきてしまいました。

    ワカさんの声は はっきりとして
    明るさを持った声です。

    そして若いけれど貫禄がある というのでしょうか。
    みんなを導くような明るさのある声だと思いました。

    このアルバムは
    時代の先の先を走られたのだと思います。
    当時の人には難しかったのでしょう。

    けれど良い音楽は いつまでも人の心に残ります。

    今回のヤング101の「オレンジ」のことでも
    そのことを強く感じました。

    ワカとヒロ/ヤング101

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント