FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「インディゴ・ブルー」伊東ゆかり

    「インディゴ・ブルー」伊東ゆかり
    作詞・安井かずみ 作曲・鈴木邦彦 編曲・Osamu Shoji(東海林修)

    伊東ゆかりさんとOsamu Shojiのコラボレーションは
    私は特に好きで
    なんといっても しなやかで 品があり
    キュンとくる世界で大好きです。

    ずっと 探していましたが
    ゆかりデラックスと ゆかりダブルデラックスの
    LPが出ていたのを見つけたときには
    本当にうれしくて 
    やったーーーっ!! という感じで購入しました。
    帯もついていたし とってもきれいな保存状態で感激!!

    私はやっぱり
    活字になった歌詞が見たいというのがあります。
    そして特に昔のアルバムというのは
    ちょっとした写真集のようで
    ライナーなどもとても充実しており
    楽しさもいっぱいなのです。

    この「ゆかりダブルデラックス」の
    2面のゆかりのポップスと
    3,4面のオリジナル・コーナーは
    すべての編曲がOsamu Shojiによるものです。

    そしてオリジナル・コーナーの作詞と構成は
    安井かずみさん

    作曲は Osamu Shojiをはじめ
    すぎやまこういち、鈴木邦彦、村井邦彦、
    宮川泰、平尾昌晃、(敬称略)等という
    豪華メンバーによるもので
    各作曲家とOsamu Shojiのコラボも
    本当に聴き応えがあり
    嬉しいアルバムとなっています。
    素晴らしくないわけがありません。


    ゆかりさんの歌声は
    甘くしっとりとして
    ムードがあって女らしいです。

    「インディゴ・ブルー」
    とてもおしゃれで
    甘く素敵な世界。

    「二人の想いが 重なりあう
     すべての物が 青く沈む頃
     インディゴ・ブルー インディゴ・ブルー
     二人の愛はこの世のさだめ
     インディゴ・ブルー インディゴ・ブルー
     二人の愛だけ 映る頃
     インディゴ・ブルー インディゴ・ブルー
     あなたのことが たまらなく好き
     インディゴ・ブルー インディゴ・ブルー 
     あなたのことだけ 抱きしめて」
     

    はぁ・・・ため息。
    詩もすてきです。
    ゆかりさんが とっても魅力的。
    ゆかりさんならではの
    しなやかで甘い世界。

    特に「あなたのことが たまらなく好き」のあたりなど
    聴いてて とろける感じ。

    お二人のコラボは
    どれもおしゃれで素敵なのです。

    このアルバムがCD盤で復刻されること
    祈らずにはいられません。
    ゆかりダブルデラックス

    3面収録作品
    1.ひとみの中の世界
    2.そしてそれから
    3.そしてあるときは
    4.手をさしのべて
    5.インディゴ・ブルー
    6.宿命の祈り

    6.作曲 &全編曲Osamu Shoji
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント