FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「過去の時間への旅」Osamu Shoji (交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅)

    「過去の時間への旅」Osamu Shoji(東海林 修)(交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-)

    さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅という映画の音楽は
    書きたい曲はいっぱいです。

    名シーンは
    音楽とともに甦ります。

    まずは 「過去の時間への旅」を書かせていただきます。
    アルバムによってタイトルの表記が違うこともありますが
    鉄郎が過去へと送られ
    幼い自分と母を見つけるシーンで流れる音楽です。

    「あぁ あったかいなぁ~ 母さんって。」

    あたたかなお母さんの胸に抱かれ、
    夢を語る鉄郎は満たされていました。
    お母さんと二人ならどんな試練も
    乗り越えられるでしょう。
    吹雪の中でも 暖かさが感じら
    とても幸せな場面に
    この胸も満たされました。
    静かで平和なこの時間が
    いつまでも続くと思っていたのに・・・。
    この直後に訪れる悲劇など
    思いもよらないことだったのです。

    過去の自分とお母さんを扉越しにながめながら

    今だったら お母さんは生き延びれるかもしれない。
    運命は変えられるかもしれない。

    このままだと
    この後に撃たれて死んでしまう。

    「かあさん、かあさん開けてくれよ!!」
    必死で叫ぶ鉄郎。
    けれど・・・その声は届くこともなく・・・。

    そして・・・
    「やめろ!!かあさんを殺さないでくれ~っ!!」

    あまりにも悲しいシーン。
    いろいろな思いがこのわずかなシーンに
    この胸に渦まきます。

    あぁ 神さま・・

    白い雪がすべてを覆い尽すように
    悲しみも憎しみも
    この美しい音楽が包んでいます。

    人は物語を観ながら自分もその物語の中に立って
    あまりの悲しみに とても動けず
    ただ立ち尽くし震えるけれど

    この美しいも音楽に救われる気がしました。

    これほどの美しい音楽で包まれればこそ
    物語を進められるのだと思いました。
    この音楽であればこそ
    残るのは 母の温もりなのです。

    真っ白な雪が
    悲しみも覆い尽くすようです。

    オーケストラによる
    繊細であたたかい演奏。
    素晴らしいオーケストレーションを聴けるのも
    Osamu Shojiならではの素晴らしい世界だと思います。

    いつも思うのですが
    ストリングスのアレンジが
    繊細で美しいです。

    あぁ 本当にいい音楽を聴けてよかった。
    そう思える作品のひとつです。
    交響詩さよなら銀河鉄道999

    交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-(紙ジャケット仕様)交響詩 さよなら銀河鉄道999-アンドロメダ終着駅-(紙ジャケット仕様)
    (2010/02/24)
    メアリー・マッグレガー、日本合唱協会 他

    商品詳細を見る


    さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅- (劇場版) [DVD]さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅- (劇場版) [DVD]
    (2002/10/21)
    野沢雅子、池田昌子 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント