FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ママのオルゴール」菅原洋一

    「ママのオルゴール」菅原洋一
    作詞・岩谷時子 作・編曲 Osamu Shoji(東海林 修)
    1973年アルバム「人生」収録。

    アルバム「人生」の中でもこの作品は
    私にとっては衝撃的な世界で
    思わず泣けてしまいました。

    このようなテーマを歌に出来るのは
    岩谷時子/東海林修/菅原洋一
    このコラボレーションならではだと
    私は思うのです。

    愛しいわが子に語りかける父親。

    親の事情など
    幼い子どもは知るはずもなく・・・

    無垢で 無邪気な
    その幼い姿を思い浮かべると
    もうとても我慢できず 涙が吹き出すくらい
    この歌は 深く胸にしみます。

     ママがそんなにいいの 涙ひとつぶつけて
     パパに笑ってくれる 可愛い子よ
     みんな忘れて今日は パパと遊ぼう坊や
     お前のために まわそうオルゴール
     いつか年が経ち大人になったら
     両親(ふたおや)の別れを 許しておくれ
     ・・・


    洋一さんの歌声が
    こんなに温かく優しいとは・・・

    この歌を聴くと
    どんな想いをしても
    子のそばに親がいなければ思うのです。

    思わず 大きくなったわが子を抱きしめに走りたい。

    優しい美しい音楽と歌声が
    その悲しみ その罪深さを
    より浮かびあがらせている。

    抱きしめて離したくない大切なものは
    どんなことがあっても離してはいけない。

    大切なことを この歌は
    聴く人に問いかけ 教えてくれます。

    聴く度にどうしようもなく泣けて
    聴きながら何度泣いたかわからない。


    一人の女性である前に
    母を見上げる 子でありたい。
    愛を求める女性である前に
    子に惜しみなく愛を注ぐ 母でありたい。

    そんなことに気づかされる。
    このアルバムの「愛」の世界は
    深く大きな 素晴らしい世界です。

    ぜひ 聴いてみていただきたい作品の一つです。

    「人生」
    収録作品
    1.また陽が昇る
    2.白い夜の二人
    3.かわいた世界
    4.せめても夜は
    5.風に吹かれて
    6.別れの讃歌
    7.ふるさと
    8.父と娘
    9.ママのオルゴール
    10.幸せのかたみ
    11.愛しいものへの歌


    追伸7/21
    つい先ほどNHKで「いのちのうた2012」という
    広島から発信された音楽番組を見ましたら
    菅原洋一さんがご出演されていました。
    お話されるお声が 少し嗄れていらっしゃったので
    どきどきしましたが
    歌われる声を聴いたら
    昔と変わらないとてもまろやかないいお声で
    本当に感動しました。
    さすがだと思いました。

    ずっとお元気で歌い続けていただきたいです。
    いつか この作品も歌っていただけたらうれしい!

    今夜はとてもうれしくなりました。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント