FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「シバの女王」寺内タケシ(華麗なる寺内タケシの世界)

    「シバの女王」寺内タケシ(華麗なる寺内タケシの世界)
    作曲・M.Laurent 編曲・Osamu Shoji( 東海林修 )
    1973年発表作品

    いろいろなOsamu Shojiの作品に出逢う日々は
    まさに宝探しのようで 本当に楽しくて夢中になりました。
    なにしろ ジャンルに垣根もなく
    いろんな音楽が豊かに広がっていて
    いろんなアーティストがOsamu Shojiの作品を
    歌い、演奏し、表現しておられるのです。

    人生の楽しさや喜びはコラボレーションである!!、と
    私は思っているものですから
    この果てしなく大きい世界は
    どうしようもなく魅力的なものです。

    この作品は1973年に発表されたアルバムですが
    編曲者が
    A面が 宮川泰先生、B面が 東海林修先生という豪華さ。

    本当に時代を牽引して走られた
    憧れのお二人の作品が
    この一枚で聴けるのですが
    本当に わくわくするというのでしょうか。
    血が騒ぐというのでしょうか。
    まさに「華麗」な世界です。

    当時の歌手やアーティストは
    やっぱりお二人の先生に曲を作っていただくというのが
    夢だったのではないかなぁ。
    本当にアレンジャーとしても一流ですし
    世界に誇れる日本のアレンジャーという感じがします。

    そして とにかく
    お二人の世界は それぞれに個性が輝き
    雰囲気もまったく違い
    同じ曲でもアレンジャーによって
    こんなにも違うという感動を覚えるほどの
    聳え立つお二人。
    聴いていると えっへん、って
    なんだか胸を張りたくなってしまうのです。
    そして やっぱり楽しい、楽しい!!

    寺内タケシさんは エレキの神様といわれた方ですから
    本当にギターは素晴らしいです。

    私はまずは 「寺内タケシ エレキギターの世界」から入ったのですが
    昔は私は人の声の入った音楽しか聴かなかった人間でしたが
    寺内タケシさんの作品は 言葉も声もないのに
    動けなくなるくらい胸が熱くなりうるうるしてしまい、
    そんな自分にも驚きました。

    ギターだけで 感情を表現できる方なのですね。

    そして なにしろOsamu Shojiの編曲は
    胸の深いところに浸透する叙情的な美しさがあります。

    この「シバの女王」の編曲も
    本当に胸を打つ美しさ。
    そして まさに「華麗」。

    こんな音楽が聴けるなんてとっても贅沢。

    あぁ 本当にいい音楽が聴けてよかったな~っ。
    そう思える世界です。
    華麗なる寺内タケシの世界
    華麗なる寺内タケシの世界華麗なる寺内タケシの世界
    (1995/11/22)
    寺内タケシ

    商品詳細を見る


     
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント