FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「セピア色のバラード」中沢厚子

    「セピア色のバラード」中沢厚子
    作詞・高部 伸夫 作・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    暑い暑いと思っていたのですが
    夜になれば 虫の音が響き
    秋の風を感じ はっとします。

    季節は決して立ち止まることをせず
    次の季節へと向かっていくのです。

    夏にさよならを告げるには
    まだ名残惜しいような・・・
    でも セピア色の秋が待ち遠しい・・・
    今はそんな 季節の変わり時でしょうか。

    秋が来ると聴きたい「セピア色のバラード」
    この作品は Osamu Shojiの 親しみやすいメロディーが
    すぅっと 心に入って来て
    いつのまにか 口ずさんでいる。

    心地良いメロディー、
    とても秋を感じさせてくれる作品です。

    れんがの壁の 小さな喫茶店で
    長い長い 打ち明け話が
    かわされた
      恋を夢みた
      夏が過ぎて
      心の傷に 枯れ葉が舞い散る
      駿河台


    中沢厚子さんの甘く伸びやかな声、
    さらりと歌われているように聴こえますが
    この曲は、とても大人の印象。

    さみしいセピア色の秋には
    少しセンチメンタルな気分にも浸ってみたい。

    今は 秋が待ち遠しい。
    枯れ葉が音もなく舞い落ちる中で
    この歌を聴いて 少しだけ寂しさにも浸ってみたい。

    Osamu Shojiの作・編曲作品
    お宝作品を聴いて
    秋も豊かに過ごせそうです。

    千羽鶴

     

    中沢厚子ファーストアルバム(紙ジャケット仕様)中沢厚子ファーストアルバム(紙ジャケット仕様)
    (2006/01/25)
    中沢厚子

    商品詳細を見る


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント