FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「サークル・ゲーム」アグネス・チャン

    「サークル・ゲーム」アグネス・チャン
    作詞・作曲 Joni Mitchell  編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修)

    アグネス・チャンのファーストアルバム「ひなげしの花」に入っている
    5曲の 洋楽のカバーの 編曲は Osamu Shojiによるものです。

    これから世に出ていく 輝く若い才能は
    Osamu Shojiの 後押しによって
    見事に花開きました。

    このアルバムは 本当に魅力がいっぱいなので
    探してみましたが
    中古のCDが 9,800円もします。
    もう一度 復刻してください~っ、と
    思わず叫びたくなります。

    洋楽はすべて英語で歌われています。
    若くても 知的で国際的であったアグネス。
    そして 素直に響く歌声は
    春の野に吹くそよ風のようです。

    このアルバムでは
    やっぱりこの歌「サークル・ゲーム」が最高です。

    私は最初 アグネスのオリジナルかと思いました。
    それくらいもう アグネスにピッタリの作品だからです。
    これは 「いちご白書」という映画で使われた歌だと知りましたが
    とにかくもう アグネスのこの「サークル・ゲーム」は
    爽やかで 春の野に立ち
    風に吹かれるような心地良さ。
    抜群にいいです。

    「サークル・ゲーム」
    人生をメリー・ゴーラウンドにたとえています。

    今になって この歌の歌詞の世界がよくわかります。
    幼い アグネスは きっとこの時はこの詩の意味も
    実感もないままに歌っていらっしゃったでしょうが

    今 私たちが 自分の人生を振りかえる時に
    この詩の世界は とても深く響きます。

    アグネスの爽やかな甘い歌声が
    この人生さえも爽やかにしてくれる感じです。


    アグネスにぴったりの
    明るく軽快でやわらかな演奏。
    かわいい アグネスが
    ますます可愛らしくキュートです。

    聴けば聴くほどとてもすてき。
    清々しいです。

    本当にすてき。

    時の輪の中を
    もう随分と回り続けてしまったけれど

    今も夢はあるし
    幸せに生きた気がする。

    いつも歌って生きたい
    応援歌のようでもあります。
    みなさんにご紹介したい曲のひとつです。

    アルバム「ひなげしの花」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント