FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ディスコ・キッド」東海林修・作曲  シエナ・ウインド・オーケストラ(指揮)佐渡裕

    「ディスコ・キッド」 東海林 修 ・作曲
    (4分15秒)
    (吹奏楽)シエナ・ウインド・オーケストラ
    (指揮)佐渡裕

    1/27NHKのFM放送の
    吹奏楽のひびき -リクエスト特集-で
    「ディスコ・キッド」を聴くことができました。
    (再放送は2月2日(土)にあります。午後8時10分~9時。
       お聴きください。)


    佐渡さんの指揮によるシエナ・ウインド・オーケストラの演奏です。
    CDを 持っているのなら
    あらためて聴かなくても・・・と
    言われてしまいそうですが
    いえいえ みんなで同じ時間に
    この「ディスコ・キッド」を聴いていると思うと
    本当にうれしく
    喜びが込み上げます。

    1977年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲なのですが
    初めての方は
    これが 吹奏楽コンクールの課題曲だなんてすごい!!、と
    びっくりされるのではないでしょうか。

    けれどOsamu Shojiの作品「ディスコ・キッド」は
    課題曲にして
    あまりにも人気が高く
    今も愛され続けている名曲ですから
    みなさんご存知だと思うのですが

    名曲はいつの時代に聴いても
    色褪せることなく輝き続けることを
    しみじみと感じました。

    さて、身体だけでなく、人間的にも とても大きな佐渡さんが 
    この曲が大好きだとおっしゃっていたのを
    テレビで拝見したことがあります。

    佐渡さんの指揮の「ディスコ・キッド」は
    その「好き」という気持ちがあふれているような
    喜びに満ちた、勢いのある
    きらきらとした演奏だと思います。

    「ディスコ・キッド」
    あまりにもかっこよくて
    あまりにも自由で
    あまりにも楽しいです!!

    課題曲となると
    こういう演奏をしなさい、
    こういう風に音を出しなさい。
    こうしなければならない。

    などと
    指導されるものと思っていました。

    けれど「ディスコ・キッド」は
    伸びゆく少年や少女たちの心を
    解き放してあげるように
    「自由でいいんだよ」って
    背中を押してくださるような音楽だと思いました。

    聴く人や演奏者に「憧れ」の気持ちを感じさせていただける作品。

    今日聴いていて
    私は はっとしました。

    「自由」というものは
    こつこつと努力をし、
    苦しみ 乗り越えた先にあるのだなぁ。

    「自由」というものは

    自分を懸命に磨き
    努力をした人が手に入れられるものなのだなぁ。

    自由でかっこいいアドリブ

    でも
    あのアドリブが吹けるようになるには
    日々 こつこつと基本から積み重ねた努力があればこそ。

    想ったように表現できる
    その自由さは 日々の鍛錬と努力の上にあること。

    自由になるために
    がんばるんだよ、って
    少年や少女たちに
    希望を与えられたのだなぁ、って

    今日はすごくすごく感じました。

    ディスコ・キッドは
    きっとこれからも みんなの憧れだと思います!!

    聴いていて
    本当に元気になりましたし
    パワーをいただきました!!

    <エイベックス AVCL-25036>
    ブラスの祭典(3)ブラスの祭典(3)
    (2005/05/25)
    佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラ

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント