FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ボビーに首ったけ」伊東ゆかり

    「ボビーに首ったけ」伊東ゆかり
    訳詞・みナみ・カズみ 作詞・作曲 Hoffman-Klein 編曲・Osamu Shoji (東海林修)
    1963.02発売A面作品

    そよ風の優しい 五月の風の中では
    やっぱり ゆかりさんの恋の歌が聴きたいと思います。

    彼女の声というのは
    明るくて爽やかでありながら

    どこかすぅ~っと
    この心を落ち着かせてくれる力があるような気がします。

    この季節には「ワン・ボーイ」とか
    「ネイビー・ブルー」とか
    そよ風の中聴くと最高なのだけれど
    ゆかりさんのかわいい表情の見える恋の歌が
    この気持ちを明るくさせてくれます。

    「もう恋してもおかしくない
    もう あたしね 大人だもん
    だからいいでしょ 恋しても」


    最初のこのセリフだけで
    なんだか笑顔になれる。

    ゆかりさんの
    「もうあたしね~大人だもん」
    このセリフにさえ ゆかり節があってすごく魅力的。

    作詞は「みナみ・カズみ」とあるけれど
    安井かずみさんのことなんだなぁ。
    なんだかお宝だな、ってうれしくなります。

    伊東ゆかり&安井かずみ&東海林修

    これからすごい勢いで
    お三人とも世に出て行かれたわけですが
    才能の溢れる方々の初期のコラボレーション
    本当に魅力的です

    Osamu Shojiのカバー作品は
    本当にかっこいいし
    憧れる世界です。

    恋の歌を歌える時期は
    すべてが輝いて
    きらきらと眩しく
    心に焼きつく
    この五月のような季節なんだなぁ、って思います。

    ボビーに首ったけ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    おひさしぶりで~す!
    ホント、このセリフに参ってしまいますよね(笑)
    4月から始まった「歌い始めて60年 記念コンサート」に
    何回か行きました。当然、、もう大人の声になってしまって
    いますが、なんか可愛いんですよねぇゆかりさんの声。
    年齢を超えた可愛さにやられています(フフ)

    このたびは悲しい出来事がありましたようですね。
    親と言うのは、ただいるだけで安心した気持ちになれます
    ものね。

    ありがとうございます

    MUGIBATAKEさん
    いつも本当にありがとうございます

    ゆかりさんは
    小さい時から歌われていたのですね。

    4月がお誕生日でしたので
    手作りのものとお菓子を
    ゆかりさんに送ったのですが
    飾っていただけたらうれしいなぁ、って思っています。

    セリフにも
    ゆかり節がありますよね。
    なんともかわいらしいですね。

    いろいろとご心配いただき
    本当にありがとう

    また少しずつ
    語っていきたいと思っています。
    よろしくお願いします。