FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ナポリは恋人」ザ・ピーナッツ

    「ナポリは恋人」ザ・ピーナッツ
    訳詩・ あらかはひろし 作詞・D.Verde 作曲・R.Rascal 編曲・Osamu Shoji( 東海林 修 )
    1965.7発売アモーレ・スクーザミ (ピーナッツのヒット・パレード第6集)

    「ナポリは恋人」は
    伊東ゆかりさんもOsamu Shojiの編曲で歌われています。
    こちらはカラオケにも入っているということなので
    きっとシングルA面で発売されたものでしょう。
    うれしいことです。

    が、昨日ゆかりさんの歌について書かせていただいたので
    今日はピーナッツさんの作品を語らせていただきたいと思います。


    名アレンジャーOsamu Shojiは
    同じ歌でも 歌手により
    その歌手のイメージを大切にされ、
    よりその世界が広がるような
    すてきなアレンジをされるのだなぁ、と
    それぞれを聴いてみればこそ
    しみじみ思います。


    ピーナッツさんの「ナポリは恋人」は
    1965.7発売アモーレ・スクーザミに収録されています。
    このアルバムには
    Osamu Shoji編曲の作品が二曲収録されています。
    「花咲く丘に涙して」と この「ナポリは恋人」が
    Osamu Shojiの編曲作品です。

    ピーナッツさんの「ナポリは恋人」というのは

    なんだか 懐かしいふるさとの空を仰ぎ見るような
    じんわりと心があたたまるような
    懐かさで胸が熱くなるような
    ゆったりと大きな楽曲です。

    素朴な少女が
    星空を見上げ
    幸せな夢に包まれるような

    ロマンチックで優しさいっぱいの作品です。

    ピーナッツのお二人のハーモニーが
    とても心地よく やわらかく響いています。

    美しい風が そよそよと
    甘く通り過ぎたかと思うと
    また吹いてくる・・・

    二重に甘さが押し寄せるから
    もう うっとりとしてしまいます。

    同じ声質で
    同じ呼吸で
    ぴったりと

    そして何より自然に歌いあげられる二人の世界。

    当時のことはよくわかりませんが
    他の歌手のみなさんにとっては
    「二人で同じ声で こんなに息もぴったりと歌われたらかなわないよ~」なんて
    言いたくなってしまうくらい
    羨ましかったのではないでしょうか。

    ピーナッツさんと言えば 宮川先生というイメージを
    たくさんの方がお持ちだと思いますが
    東海林先生の珠玉の編曲作品も
    ピーナッツさんをより輝かせたということも
    忘れてはならないなぁ、と思います。

    ピーナッツさんの世界も
    たまらなく大好きです。
    花咲く丘に涙して/ナポリは恋人
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント