web拍手 by FC2

    「ある青春」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「ある青春」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞:山上路夫 作曲:森田公一 編曲 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組


    Osamu Shojiは 数多くの人気のある実力派歌手のリサイタルやコンサートにおいて
    音楽監督と指揮を担当されることも多くありました。

    指揮やピアノ演奏などで 舞台に立たれることも多くあったのですが
    どれも 素晴らしい音楽と演奏で歌手を支えられています。 
    いつまでも心に残る素晴らしいステージがたくさんあります。

    今日は その中のひとつ、
    沢田研二リサイタルのことを書かせていただきます。

    なんと3枚組です。

    「危険なふたり」で 歌謡大賞も受賞され
    乗りに乗ったジュリー。
    勢いがあります。

    前に たくさんのアルバムが復刻されたとき
    このアルバムも復刻リストに上がっていて
    大喜びしていたのですが
    残念なことに 復刻にはなりませんでした。
    素晴らしいアルバムなのに
    そのことがとても残念でなりません。

    とにかく最初から最後までかっこいいです。

    時に繊細に
    時にダイナミックに
    時に甘く
    時にワイルドに・・・・

    Osamu Shojiの豊かな編曲による音楽で
    ジュリーの魅力炸裂です。
    これを聴いてメロメロにならない人はいないと思います。

    そして今日は「ある青春」
    語らせていただきますが、
    2枚目の一曲目。
    壮大なスケールで
    ストリングスやホーンが響き渡り、
    深く心に沁みる序曲より
    ジュリーが語るように歌われるのですが
    不覚にも 「うっ」とこの胸に熱いものがこみあげ
    曲が進むにつれ
    不覚にも涙が止まらなくなってしまいます。

    2番に入ると ジュリーも
    泣きながら歌っていらっしゃるのがわかります。
    感受性の豊かな方なのだということ
    すごく感じます。

    なんだかもうたまらなくて
    一緒に泣いてしまいます。

    心を動かされる
    魂を揺さぶられる「ある青春」なのです。

    こんなにこの歌の世界に入り込めるのは
    Osamu Shojiの編曲と指揮の素晴らしさがあるからだと思います。
    余韻に浸れるエンディングも素晴らしいです。

    この歌を聴くと
    何度聴いても 泣けて泣けて
    何度でも聴きたくて
    繰り返し聴いては 放心状態になってしまうのですが

    人生の深さ
    生きる哀しさ

    愛した記憶
    失った記憶

    いろんなものが押し寄せて
    たまらないのです。

    「太陽が明るく燃えてる時は
     影などあること 忘れるように
     僕らも同じ ただ若さを
     燃やしながら 生きてきたよ」

    いっしょに泣きます。

    そして
    「翳りを知らぬ青春の 終わりがもう来たのか」

    この 胸をぐっと掴んで離さない 歌の盛り上がり
    たまりません。

    ジュリーっていいな。
    しみじみと思わずにいられないライブアルバムです。

    Osamu Shojiの素晴らしいお仕事であることも
    ファンの方には知っていだきたいと思います。
    沢田研二リサイタル
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント