FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「無頼漢」Osamu Shoji( 東海林 修 )(アルバム「キマイラ・吼」)

    「無頼漢」Osamu Shoji( 東海林 修 )(アルバム「キマイラ・吼」)
    作曲・編曲・シンセサイザー演奏 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    生きていくということは
    孤独と向き合うものだと思います。

    人の中で感じる孤独の辛さは残酷なものですが
    一人きりで感じる孤独というものは
    自分と静かに向き合う分
    自分を満たすものだと 私は感じます。

    静寂の中で
    自分と向き合うのもいいのですが
    この「キマイラ」の音楽があると
    気がつけば 傷が癒されている感覚があります。

    若い頃は エネルギーが有り余る分
    まわりにぶつけることもありましたが
    大人になり精神も成熟期に入れば
    静かに自分の中でコントロールできなければ、と思います。

    けれど 何もなく 自分でコントロールすることは難しい。
    パワーのある音楽が 自分を救ってくれる、
    そんな気がします。

    この音楽は読教が地響きのように
    響き渡るようなイントロから始まりますが
    東洋的な神秘を感じられる作品です。

    「黎明一円空山」や「彷徨」が
    あまりにも衝撃的で
    心の傷を見透かされたようで
    動けなくなるような感覚でしたが

    この「無頼漢」で
    少し淡々と自分の人生を受けとめ
    静かに向き合えるようになる、
    そんな感じでしょうか。

    人には誰にも
    表には出さない心の傷があると思います。
    見えない場所で、もがき苦しんでいる。

    思い通りの人生には
    手を伸ばして届かない。

    けれど
    「キマイラ」シリーズは
    この 心の痛みや嘆きを知っていて
    傷を癒してくれる。

    不思議なパワーで溢れている。

    そして深いのだけれど
    聴いていて楽しい。

    2作目、3作目と 続いていく 不思議なパワーが
    このアルバムには詰め込まれているように思います。

    イメージアルバムということもあり
    今でも大変人気のある作品のひとつです。

    キマイラ

    1.黎明一円空山
    2.哀しみのキマイラ
    3.彷徨
    4.無頼漢
    5.炸裂!円空拳
    6.玄道
    7.芳香の白い花
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-309.html" target="_blank" title="8.恍惚のキマイラ">8.恍惚のキマイラ
    9.愛の囁き
    10.決別ー鎮魂歌


    ※(備考) 無頼漢 の意味・・・<無頼な男。ならず者。ごろつき。>
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント