FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ラ・ボエーム」 美輪明宏

    「ラ・ボエーム」LA BOHEME 美輪明宏
    訳詞・美輪明宏 作・J Plante 作曲・C Aznavour 編曲・Osamu Shoji (東海林修)

     美輪明宏さんのシャンソンに
    Osamu Shoji編曲作品があるということは
    前から知っていたのですが
    ついに聴くことができました。

    「ラストダンスは私と」
    「ラ・ボエーム」

    素晴らしい作品に感動です。

    美輪さんの歌声は
    前にNHKの「SONGS」と言う番組を録画して
    何度も繰り返し拝見しましたが
    それはもう 魂を揺さぶられるような歌声でした。

    美輪さんとOsamu Shojiのコラボ作品が
    素晴らしくないわけがありません。
    予想以上に感動的でした。

    「ラストダンスは私と」は
    これぞ名アレンジャーOsamu Shojiの真髄、
    またゆったりと書かせていただくこととして
    今日は「ラ・ボエーム」です。

    美輪さんは「美」に対する
    こだわりや信念がある方だと思います。

    そして人生も美しく、と
    思っていらっしゃると感じますが
    そういうものが歌の中にも出ていると思いました。

    詩もとても感動的です。
    とても美しいのです。

    悲しみや苦しみは
    美しい音楽によって
    浄化されます。
    そのことを私はとても感じます。

    中途半端な美しさでは
    胸の傷をいやすことなどできないのです。

    Osamu Shojiの音楽というのは
    繊細で美しく優雅です。
    あの美しいフランスの景色がぴったりと当てはまります。

    そして美輪さんの歌声は
    深く胸に届く歌声なのです。


    素晴らしい芸術というものは
    日常からこの身を遠ざけ
    その瞬間、全ての憂いも消し去ります。
    最近私は、そのように感じます。

    この「ラ・ボエーム」は
    静かに流れるセーヌ川と
    坦々と過ぎる時の流れの中で
    変わることのない愛と
    熱い感情が
    この胸に迫ります。

    美輪さんも歌うにつれ
    感極まっていらっしゃるように聴こえます。

    静かに静かに
    懐かしい日常や
    美しい景色
    そして愛し合った日々が
    この胸に映し出されます。

    年を重ねると
    別れた悲しい記憶より
    愛し合った美しい記憶が残る。
    だから人は
    前を向いて歩いていけるのでしょう。

    こんな豊かな
    素敵な歌をいつも聴いていたら
    人は年を取らないような気がします。
    美輪best


    全曲集全曲集
    (2000/09/06)
    美輪明宏

    商品詳細を見る

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント