FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「旅ゆく鳥」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)

    「旅ゆく鳥」額田一代 (アルバム 「竹久夢二『水車』」)
    詩・竹久夢二 作曲・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )

    竹久夢二の詩の世界が
    Osamu Shojiの作・編曲により
    豊かに広がるアルバム「水車」


    この12の世界を
    それぞれに楽しみながら
    全部聴き終えると
    心がとても優しくなれます。

    美しい日本の四季や
    幼い日の記憶
    わすれかけていた大切なものが
    見えてくるようです。

    特に私はこのアルバムの中では
    「春の鐘」が大好きなのですが
    この歌は 大人になって出逢えた
    子供の心を取り戻せる歌、です。
    一生歌い続けていく宝物になりました。

    この「旅ゆく鳥」は
    童謡という雰囲気ではなく
    ポップス・・・いえ、
    ロックのカッコ良さのある作品です。

    見知らぬとりはとんでゆく
    ひとりぼっちでとんでゆく
    見知らぬとりはどこへゆく
    見知らぬ野越え山を越え
    遠い野末の松ノ木に
    あるかもしらぬ巣をとめて
    見知らぬとりはとんでゆく
    昨日のやうに今日もゆく
    見知らぬ国へとんでゆく


    いつものように
    飛んでいく鳥。
    昨日と変わらずに今日も飛んでいるけれど
    見知らぬ国に向かっている。

    きっと自分の姿を
    鳥に重ねて
    見上げているのですね。

    ひとりぼっちで飛んでいく鳥。

    見送っている自分は
    きっとその鳥そのものなのでしょう。

    春も近くなりました。

    私自身も
    そろそろ旅立ちの時かと思っているのです。

    最近は旅立つ力になる音楽を
    聴きながら 空を見上げます。
    竹久夢二「水車」
    収録作品

    「春の鐘」
    「春の方へ」
    「水車(みずぐるま)」
    「ころころ團子」
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-141.html" target="_blank" title="「蛍」">「蛍」
    「赤とんぼ」
    「烏と梟」
    「秋」
    「居眠り地蔵」
    「旅ゆく鳥」
    「雪」
    「春」


    アルバム「水車」の復刻CDは 東海林修先生のホームページから
    購入することができます。
    作品リストはこちら。(133CDs)
    先生のアルバム「水車」の作品のページはこちらです。
    先生の注文ポストはこちらです。
    どうぞ心からのメッセージも添えられてください。
    うまくいかない場合、返信がない場合は
    東海林修先生のホームページからご注文ください。
    夢二の世界、日本の心、美しい四季の彩り
    Osamu Shojiの音楽の豊かさ。
    ぜひ この名作「水車」で 感じていただきたいと思います。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント