FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「テル・ミー・ママ」木の実ナナ

    「テル・ミー・ママ」木の実ナナ
    作詞・作曲 Gerry,Ellen May,Charles Gambel 日本語詞・みナみ カズみ 編曲・Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1963年10月10日発売B面

    木の実ナナさんの歌を最近では毎日聴いていますが
    彼女の歌を聴くと なんだか楽しくなって
    元気になっている自分に気づきます。

    彼女はリズム感も良いし
    声量も豊かで
    表情が見える歌声、
    歌もとても上手です。

    とっても明るくて聴いていると心が元気になります。

    これは素晴らしい才能です。
    どの曲も 濃密で 素晴らしい出来栄えです。

    けれど
    「木の実ナナ魅惑のシングルコレクション」
    を購入して聴いたわけですが
    正直 知っている曲が 一曲もありませんでした。

    そして何度も言ってしまいますが
    個性があまりにも強烈で
    慣れるまで時間が必要でした。

    でも慣れたら、たまらなくいいです。

    このCDのライナーにありますが

    「いずれの作品も何故にヒットしなかったのか
    不思議と云得るほどに高い完成度」と書いてありますが
    まさにその通りです。

    聴けば聴くほど素晴らしいのです。

    時には 幼くおちゃめに
    時にはかっこいいお姉さんの雰囲気で
    時に可愛く
    時に女らしく
    時に甘くロマンチックに
    時にワイルドに・・・

    これほどまでに
    いろんな歌い方ができるアイドルが
    他にいらしたでしょうか、と
    この努力と健気さには
    思わず胸が熱くなるくらいの
    がんばりです。

    Osamu Shojiの編曲だって
    素晴らしいのです。
    どれも とっても素晴らしいです。
    隠れた名曲、にしてしまうには
    もったいない作品ばかりです。

    あぁ 本当にもったいない。

    ナナさんのCDを聴いていると
    そうだ 私もがんばろう。

    なんのこれしき、
    私だってがんばれる、って
    顔を上げて前に進める気がするのです。

    こんなに人の心を明るく楽しくしてくれる歌手って
    そんなにいないです。

    「テル・ミー・ママ」は
    シングル「ジュディー・ジュディー」のb面。
    「ジュディー・ジュディー」はA面にふさわしい
    とってもすてきな仕上がりですから
    こちらはB面で納得ですが

    こちらはとってもおちゃめでかわいい少女の雰囲気。


    テル・ミー・ママ 聞いて どうしたら いいの
    テル・ミー・ママ あのネ 彼はいつでも
    キスしてという 抱きしめたいと
    テル・ミー・ママ テル・ミー・ママ いいかしら


    とても表情豊かで 聞いていたらこっちまで
    おちゃめな少女に戻れる感じ。

    だけど
    なぜか途中 ワイルドさを感じたりして
    思わず笑顔になる。

    これは とにかく
    ナナさんの個性の成せる技です。

    パーカッションがとても生きている。
    ティンパニの響きも
    ナナさんの歌声を輝かせている。
    すてき~

    木の実ナナさんとOsamu Shojiのコラボレーションも
    本当に最高なのになぁ~っ。

    最近は毎日そんなことを想っています。

    ジュディー・ジュディー


    木の実ナナ魅惑のシングルコレクション木の実ナナ魅惑のシングルコレクション
    (2010/04/05)
    木の実ナナ

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント