FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    【番外編】ついに復刻!「サン・レモのゆかり」

    【番外編】ついに復刻!「サン・レモのゆかり」
    やったーーーーっ!!
    嬉しすぎて大興奮!!
    待ってましたーー!と叫びたいくらいうれしい
    ゆかりさんとOsamu Shoji(東海林修)のコラボ作品の復刻です~っ

    キングさんに ぜひ復刻してくださいっ、と
    メールをしていたので もしかしたらその思いが通じたのだと
    嬉しくて飛びあがりたい気持ち!!
    きっと 私だけでなく
    たくさんの方のご要望があったのでしょう!
    レコード会社の方も 聴かれてこれは復刻せねば、と
    がんばってくださったことと思います!!

    ばんざーいばんざーい!!
    うれしくて泣きそう!!

    今朝はたまたま ゆかりさんのダブルデラックスを聴いておりました。
    アマゾンからの嬉しいお知らせに
    飛びあがりました。
    今すぐ注文します!!

    楽しみですーーーっ!!

    みなさまもすぐに注文してくださいね!!

    こうして素晴らしい作品は復刻されるのですね。
    本当に感動です!!


    サン・レモのゆかりサン・レモのゆかり
    (2014/08/25)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る

    Amazon
    商品の説明
    内容紹介
    伊サンレモ音楽祭日本人初入賞歌手 伊東ゆかりの最高傑作{サン・レモのゆかり]が紙ジャケット仕様で復刻!!
    伊東ゆかりが第15回サンレモ音楽祭に参加した1965年に発表したAlbum{サン・レモのゆかり}が最新デジタル・リマスタリング&W紙ジャケット仕様で発売!!
    サンレモ音楽祭入賞曲[恋する瞳]は竹内まりやのアルバム[ロングタイム・フェイバリット]でもカヴァーされた永遠の名曲!! 編曲に東海林修を迎え制作された本作は和製カンツォーネの金字塔!!
    ボーナス・トラックとしてシングル[恋する瞳(伊語ヴァージョン )C/W 愛のめざめ]を追加収録!!

    本当に歌のうまい人だと思う。そして時代とともに、色々な表情をみせてくれる。繊細で女性らしく、それでいてしっかりと芯が通っている。女性歌手の理想像が、この伊東ゆかりという歌い手の中にあるのではないかと思ってしまうのだ。そう思うのは筆者だけではないだろう。ミュージシャンやシンガーのなかにも、密かに彼女をリスペクトしている人が多い。例えば竹内まりやも、その一人ではないかと思う。2003年にリリースされたカヴァー集『Longtime Favorites』のなかで、シェリー・フェブレーやナンシー・シナトラにまじり、伊東ゆかりの「恋する瞳(L'Amore Ha I Tuoi Occhi)」を取りあげているのだ。この曲は伊東ゆかりが、65年にイタリアでおこなわれたサンレモ音楽祭に出場し見事に入賞を果たした曲でもある『Longtime Favorites』の音楽監督をした山下達郎によると、アルバムの制作にあたり竹内まりあが一番思い入れの深かったのが、この「恋する瞳」だったという。実際に二人の歌い方はとてもよく似ている。これは竹内まりやのデビュー時から思っていたことなのだが、ブリッジに入る前の感情を高ぶらせる部分で微かに力むところ、ヴィブラートを使わずに巧みに情感を表現していくところ、そして伸びやかな高音域など共通する部分が多いが、なによりも声質そのものが似ているのではと思う。
    (音楽評論家 小川真一)

    1965年作品/解説:小川真一/最新デジタル・リマスタリング/W紙ジャケット仕様
    メディア掲載レビューほか
    伊東ゆかりが“第15回サンレモ音楽祭”に参加した1965年に発表したアルバム『サン・レモのゆかり』が2014年デジタル・リマスタリング&W紙ジャケット仕様で復刻。竹内まりやにもカヴァーされた名曲「恋する瞳」他収録。東海林修を迎え制作された和製カンツォーネの金字塔。 (C)RS
    サンレモのゆかり

    1. 恋する瞳(日本語/伊語ヴァージョン)
    2. あこがれはいつも心に
    3. アモーレ・スクーダミ
    4. 胸にのこる微笑
    5. 砂に消えた涙
    6. 過ぎ去った恋
    7. 花咲く丘に涙して
    8. ナポリは恋人
    9. 君に涙とほほえみを
    10. ポコ・ドポ
    11. 花の落ちる時
    12. アリヴェデルチ・ローマ
    13. 恋する瞳(伊語ヴァージョン)
    14. 愛のめざめ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント