FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「悲しみの出発」 伊東ゆかり (2)

    「悲しみの出発」 伊東ゆかり
    作詞・なかにし礼 作・編曲 Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1976年6月発売 シングルA面。

    「悲しみの出発」
    前に一度書きましたが
    これが本当に素晴らしい楽曲なので
    もう一度力を込めて書かせていただきます!!
    前に書いたレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-580.html

    私はこの作品は
    中古レコードを手に入れるまで
    聴いたことがありませんでした。

    今年やっと聴くことが出来た作品です。

    なぜにこんな名曲を知らなったのだろう?!
    とても黙ってはいられません。
    隠れた名曲、で 終わらせてはいけない、って思いました。

    ゆかりさんのコロムビア時代では
    ダントツ良いと思います!!

    Osamu Shojiの曲とアレンジは
    ゆかりさんという歌手を輝かせています。

    長く時が経っても決して色褪せませんし
    聴き続けてさらに感動は深まります。


    最近の一連のキングレコード作品の復刻作品を聴いて
    しみじみとOsamu Shojiの編曲の素晴らしさと
    ゆかりさんとの相性の良さを痛感します。

    Osamu Shojiは日本を代表する名アレンジャーと言われていますが
    ゆかりさん作品を聴くと
    しみじみと素晴らしいです。

    これから ヒットパレードなど次々と復刻されますが
    そういうところも みなさんに意識して聴いていただきたいなぁと思います。

    あなたを愛していたわ 本当よ
    私は幸せだったはず

    さよなら
    あなたに後ろ髪を引かれる
    私の背中を押してほしい


    ドラマチックな展開。
    ストリングスのアレンジも胸を震わせる。

    ゆかりさんの歌声が
    エンディングに向かうまで
    ぐっと胸に迫る。

    一曲を通して聴き終わったとき
    熱く胸に残る。

    テレビでは一番しか歌われず終わったであろう、
    という状況では
    これほどの世界は伝わらなかったのかなぁ、と
    とてもとても残念。

    もういちど みなさんに
    最初から最後までじっくりと
    聴いていただきたい作品です。



    悲しみの出発
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント