FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「愛のカンツォーネ」布施明

    「愛のカンツォーネ」布施明
    作詞・山上路夫 作・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1968年4月シングルB面

    12月18日は布施明さんのお誕生日なので
    布施さんの曲を書きます。
    おめでとうございます。

    クリスマスの歌を取り上げて書いてきたけれど
    まだ この曲について書いていないことに気がつきました。

    堂々の、Osamu Shoji 作・編曲作品です。

    私が 布施明さんの作品の
    一番遠い記憶にある作品は「甘い十字架」ではないかと思います。
    何故ならそれ以前は まったく何も想い出せないからです。

    この頃より(1973年)歌謡曲というものに
    興味を持ち始めたように思います。

    そしてそんな私の中にある 布施さんのイメージは
    落ちついた雰囲気で 語るように歌う
    歌がとても上手な大人の歌手、でした。

    Osamu Shojiの編曲作品である「愛の詩を今あなたに」は
    私は しっかりとリアルタイムに聴いていましたし
    好きな歌のひとつです。
    そして私の中には「シクラメンのかほり」の
    イメージが焼き付いていたように思います。

    そんなイメージを持っていたものですから
    この「愛のカンツォーネ」を聴いた時は
    布施さんが ものすごく元気よく歌われているので
    びーっくりしました。

    なんか 私の知っている布施さんと違う~
    違う人みたいだー。

    そのことを受け入れられるようになったのは
    何年も聴いてきて ほんとうに最近のことです。

    情熱がほとばしる感じです。
    朗々と歌いあげられています。
    若いっ!
    すごく熱いっ!!

    この年の紅白歌合戦では
    「愛の園」を歌われています。
    とても美男子です。
    すごくかっこいいです。

    「愛のカンツォーネ」は
    とてもおしゃれな歌です。

    布施さんもお若いときから
    とってもおしゃれだったと聴きます。
    そういうこともあって
    Osamu Shojiも おしゃれな歌を、と
    作られたのではないでしょうか。

    そして 当時の日本の歌とは思えないほど
    垢ぬけていますし
    とっても晴れやかで明るいです。

    サビのところなど
    布施さんは思いっきり歌われていて気持ちがいいです。

    他にない世界だからこそ
    とっても貴重な世界、と
    言えるのではないでしょうか。

    布施さんの若さがまぶしい作品。
    日本人離れしていると思います。
    愛のカンツォーネ
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント