FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「りんごの花の下で」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「りんごの花の下で」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。

    Osamu Shojiの過去に発表された歌の中から
    特にリクエストが多かった作品を
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    今日はクリスマス。
    クリスマスソングはすべて語りつくしてしまいまして
    さあ 今日は何を語ろうか、と思った時、
    一番心が穏やかで平和になれる音楽は・・・と考えました。

    ぱっ、と頭に浮かんだ作品がこの「りんごの花の下で」です。
    トワエモワが歌われた「リンゴの花の下で」。
    名曲です。

    トワエモワとOsamu Shojiのコラボ作品といえば
    「地球はまわるよ」をまず思い浮かべられる方も多いと思いますが
    人生を映し、心の愛唱歌として
    根強い人気のある作品がこの「りんごの花の下で」です。

    B面で発売された作品にもかかわらず
    この歌が大好きだと 熱く語られる方はたくさんいらっしゃいます。
    私はいろんな方から、この歌が大好きだと
    メールもいただいたことがあります。
    人は、よほどのことがない限り
    見も知らぬ人にメールなど書かないものです。

    けれどこの作品は
    探さずにはいられない、
    また、語らずにはいられない名曲なのです。

    そんな熱い声が届いたのでしょう。
    Osamu Shojiはこの作品集のタイトルにされています。
    リンゴをりんご、とひらがなにされたのも
     Osamu Shojiのこの作品に対する愛情の強さでしょう。

    インストアルバムではありますが
    心にこの歌の世界のイメージが大きく広がります。
    歌詞も この口から突いて出ます。

    優しさと懐かしさと恋しさのようなものが
    この胸を熱くします。

    そしてこの歌の歌詞が胸に沁み渡る。

     「リンゴの花 こぼれる中
     あなたと約束をした
     だけど今は 別れたまま
     夢の中 生きている人」

    人生は出逢いと別れの繰り返し。
    忘れられない大切なひとは夢の中であったとしても
    美しい想い出と このまっすぐな想いだけは
    抱きしめてあげたい。

    泣けてくるほど 温かく美しいメロディ、
    聖夜にぴったりだと思います。
    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。
    シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」のページはこちらです。
    ☆注文ポストはこちら。

    注文時には先生へのメッセージ等も ひとことお添えください。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント