FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「OPENING~悲しみも歓びも」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「OPENING~悲しみも歓びも」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    作詞・ 作曲 沢田研二 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    このコンサートの音楽監督と指揮はOsamu Shojiによるものです。

    帯には 日本歌謡大賞受賞と書かれています。
    あの 歌謡大賞の受賞シーンは
    今も記憶に鮮明です。
    しなやかなジュリー。
    本当にかっこよくて あのシーンは特に焼きついています。
    Osamu Shojiもステージに上がられたこと
    あの頃 私は子供でしたがしっかりと覚えていました。

    このアルバムは中野サンプラザホールでの
    リサイタルを収録したアルバムです。

    「リサイタル」・・・良い響きです。
    一流の歌手でなくては似合わない言葉です。

    オープニングは 楽器の音出し、から収録されてます。

    そして始まりのブザーが鳴り
    研ぎ澄まされた音、
    繊細なオーケストラの響きが流れてきます。
    美しく華やかなオープニングは
    Osamu Shojiならではの音楽。

    まさに夢の舞台の幕開け・・・です。

    Osamu Shojのオーケストラの音楽は素晴らしいので
    ジュリーのカッコ良さが一段と輝きます。

    聴いている人は口元もゆるみ・・・
    ゆるんだ顔が元にもどらなくなります。

    そして沢田研二さんの作詞作曲作品「悲しみも歓びも」。
    美しく繊細なオープニングから
    ガラッと雰囲気がかわり ノリノリで
    いっしょに歌える作品からのスタート。

    悲しみの時も 歓びの時も
    僕らは今日まで いっしょに
    そして 明日へと続く


    もう一曲目から ガンガンに乗ってしまいそう。
    憧れのスターが現れ
    目の前でこんな風に
    素晴らしい演奏をバックに
    すごい迫力で歌っていただけると
    なんだか夢を見てるみたい。

    幸せが溢れてくる感じです。

    途中のジュリーの語る声も素敵。
    すべてが 輝くように
    エネルギッシュに そしておしゃれに
    そして誰よりかっこよく
    Osamu Shojの音楽が
    ジュリーを盛りたてられていて
    最高のステージになっています。

    ぜひぜひ
    復刻していただきたいアルバムのひとつです。

    「かっけ~」

    マジで、しびれます!!

    沢田研二リサイタル
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント