FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「忘れじのグローリア」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)

    「忘れじのグローリア」沢田研二(「THE 3rd 沢田研二リサイタル」)
    訳詞・沢田研二 作曲・P.Senneville 編曲:Osamu Shoji ( 東海林修 )
    1973年12月21日発売
    JULIE VII
    THE 3rd 沢田研二リサイタル
    (1973年10月10日 中野サンプラザホールにて収録)
    ※LP3枚組

    Osamu Shojiは リサイタルやコンサートにおいて
    音楽監督と指揮を担当されることも多くありました。

    たとえば 菅原さん、ゆかりさん、
    ゴンちゃんもそうですし、GOROさんもそうです。

    そしてこのジュリーも。

    このリサイタルは ジュリーの魅力が炸裂しています。
    甘いバラードからかっこいいロックンロールまで・・・

    こんなに幅広い音楽を取り上げられるのも
    音楽をOsamu Shoji が担当されていることが大きいと思います。

    ヒット曲も 極上のストリングスアレンジで
    Sweetに響きわたります。

    そして 私がこのアルバムの中で
    特に心を動かされるのは「ある青春」。
    この「ある青春」は 衝撃的でした。
    涙が止まりませんでした。
    この曲については 前に書いておりますので
    よろしければ記事をご覧ください。

    そして この「忘れじのグローリア」・・・・
    ミッシェル・ポルナレフが1970年に歌われた作品のカバー。

    心を鷲掴みにされます。
    きゅーーんと胸がしてきます。
    切なさであふれます。

    イントロはOsamu Shoji ならではのシンセサイザー。
    ドラマチックなアレンジ。
    一瞬でこの歌の世界へ。

    今あなたが別れを告げても
    たとえふたたび 逢えない愛でも
    ぼくはあなたの光で生きていること忘れないで


    訳詞は沢田研二さんご本人ですが
    曲と ぴったりとハマっていて
    素晴らしいと思います。

    熱いジュリーの歌声に なんかもう・・・ダメになりそう~
    ・・・そんな感じ。

    ジュリーの世界に 
    しばらく浸りきっていたい。

    私はジュリーのこういう世界が大好きです。

    沢田研二リサイタル
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント