FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「今日から私は」伊東 ゆかり (小指の想い出 (DELUXE EDITION))

    「今日から私は」伊東 ゆかり (小指の想い出 (DELUXE EDITION))
    作詞・なかにし礼 作・編曲 Osamu Shoji( 東海林 修 )


    一昨日発売のゆかりさんの復刻アルバム。
    何が驚いたって・・・
    これほどびっくりするとは思わなかったのが
    収録されていた「今日から私は」。

    私が持っているアルバム「ゆかりとともに」に入っているものと
    なぜか違う!!
    これは衝撃的でした。

    なぜだっ
    なぜなんだーー。(叫)

    この復刻作品は
    どこから出てきたものなのでしょうか。
    ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

    まず キーが違う。
    キーがいつものゆかりさんのキーとは違うのでは?と思うくらい高くなって 
    ものすっごーく 甘く艶やかでスイート。

    ゆかりさんは歌がお上手ですから
    どんなキーでも完璧に歌われますが
    随分と雰囲気が違います。

    しかも歌詞も一番も二番も
    一部変っている。
    こちらもより甘くスイートに。

    いくら鈍い人間でも
    まったく違うということは歌詞を聴けばわかる。
    私が持っている「ゆかりとともに」の
    「今日から私は」はいずこに~~っ

    「今日から私は」は
    68年に久美かおりさんがセカンドシングルA面として出された作品です。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-179.html

    そのカバー作品ではありますが
    ゆかりさんの歌唱力が圧倒的に勝っています。
    だけど 私は この曲に関しては久美かおりさんの不器用さが愛おしいな。

    この「小指の想い出 (DELUXE EDITION)」に入っていた分は
    久美かおりさんのアレンジに近いですが
    随分と艶やかになっています。

    1967年に出されたヒット曲、「小指の想い出」の影響でしょう。
    ここまで艶やかになるとは。
    少し切ない気持ちになりました。

    私の持っている「ゆかりとともに」の「今日から私は」は
    とても ゆかりさんらしい、と思っていました。
    復刻されることを 切に願っております。

    それにしてもこんなにいろんなパターンがあるとは・・・・
    楽曲はOsamu Shojiのオリジナル作品ですから
    いろいろと聴いて 楽しませていただけて感謝です。

    もっと他にもキングレコードさんのお蔵の中には
    お宝が眠っていそうで、探しに行きたい気分です。

    衝撃的な艶やかさのゆかりさんの
    「今日から私は」。
    初めて聴いて びっくりの作品でした。

    ゆかりとともに

    小指の想い出 (DELUXE EDITION)小指の想い出 (DELUXE EDITION)
    (2015/04/20)
    伊東ゆかり

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント