FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「薔薇」野口五郎

    「薔薇」野口五郎
    作詞・麻生 香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    1976年7月21日発売      
    アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    北回帰線

    アイドルと呼ばれ 世の中の女性を夢中にされ、
    熱狂的に愛されたあの時代、
    野口五郎さんは 日本を離れられ、
    Osamu Shojiとともに
    なんと二週間もの間ロスに滞在しレコーディングされました。

    そのアルバムが
    この「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」です。

    大変スケールの大きな作品で、
    男女間の愛情の枠をはるかに越え
    はるか彼方より 小さな自分を見つめるような
    世界感となっています。

    少女たちは このアルバムの作品の世界で
    自分の夢を描き、
    人生の大切なことを感じ取ることが出来た、と言っても
    言い過ぎでないと思います。

    「薔薇」は
    パワフルで情熱的。
    特にイントロのピアノなどは芸術的で
    よくこんなすてきなメロディが出てきたものだなぁと
    感動してしまうのですが
    そこは さすがOsamu Shoji 、といったところ。

    おしゃれであり 華があり
    情熱的で パワフル。

    胸から血を流さない恋なんてないんだ

     恋をすると胸から血が流れるの・・・・

    ときめきと不安は同時にやってくること
    まだ知らなかった時代。

    恋する痛みは
    実は 生きる歓びでもあること、
    当時の少女たちはまだ知らなかったと思いますが
    この歌で ときめいて キュンとして
    少しわかった気分になったのではないでしょうか。

    恋をすると
    なんだか叫びたくなる。
    生きる歓びにあふれ
    若さも弾け 飛び跳ねるよう。

    この音楽はそんなエネルギーが詰まっていて
    なんだか スカッと爽やかな気持ちになります。
    そして かっこいい!

    野口五郎さんの歌の世界の中でも貴重、
    と言えるでしょう。

    このアルバムを聴くと
    誰かに聴かせてあげたくなる。

    そんな世界です。

    タワーレコード限定復刻アルバム発売中 \2,365.
    GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. -北回帰線-<タワーレコード限定  野口五郎


    1. 紀元0年
    2. 薔薇
    3. 航海日誌
    4. ボトル・レタア
    5. 北回帰線
    6. グッド・ナイト
    7. 少女よ
    8. 狂った地球(かじつ)
    9. 汚さずにいられない
    10. 新宿午前四時
    11. 21世紀箱舟の出帆



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント