FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「北回帰線」野口五郎

    「北回帰線」野口五郎
    作詞・麻生 香太郎 作曲・編曲 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    1976年7月21日発売      
    アルバム「GORO IN LOSANGELES U・S・A 北回帰線」

    北回帰線

    当時は 考えられないことでしたが
    野口五郎さんは 日本を離れられ、
    Osamu Shojiとともに
    二週間もの間ロスに滞在され、
    一流ミュージャンを演奏陣に迎えられてのレコーディングをされました。

    このアルバムのすべての作品は 

    麻生 香太郎/東海林 修 /野口五郎
    というコラボレーションで
    メッセージ色の強い作品です。

    新しい世界への挑戦であり
    プロフェッショナルな世界なのです。

    開拓者ともいうべきことをされているのですが
    アルバムもそれにふさわしい世界感となっています。

    Osamu Shoji の世界的レベルの音楽に支えられて
    野口五郎さんは世界に飛び出して行かれました。

    日本とは違う乾いた空気感、
    開放的で自由な雰囲気、
    そして 地球規模の大きさで迫る世界感。

    初めて聴いた時は
    ファンはみな 衝撃を受けました。

    このタイトルナンバーの「北回帰線」は
    特に心を突き動かされる作品です。

    五郎さん自身、感極まりながらの熱唱となっています。
    聴きながら 胸が熱くなり
    思わず泣けてしまったという方がたくさんいらっしゃると思います。

    幻想的な海を漂流しながら
    自分も人生を振り返るよう。

    あぁ まだ幸せだったあの頃へ
    叶うことなら進路をとれ


    生きているだけで
    不安がつきまとう。
    どこに流れついて自分がどこに行くのか、
    どこに行きたいのか
    常に自分の心に問う。

    けれど 気持ちとは関係なく
    願いとは別に
    自分がたどり着くところが用意されているように思う。

    自分の人生を この歌に映し
    涙が止まらなかったあの日の自分。

    私たちの「青春」の記念碑のようにも感じます。
    魂の叫びがこの作品にはある。

    ぜひ聴いてみていただきたい一曲です。

    タワーレコード限定復刻アルバム発売中 \2,365.
    GORO IN LOS ANGELES, U.S.A. -北回帰線-<タワーレコード限定  野口五郎




    1. 紀元0年
    2. 薔薇
    3. 航海日誌
    4. ボトル・レタア
    5. 北回帰線
    6. グッド・ナイト
    7. 少女よ
    8. 狂った地球(かじつ)
    9. 汚さずにいられない
    10. 新宿午前四時
    11. 21世紀箱舟の出帆



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント