FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「草の鏡」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )

    「草の鏡」 Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    2005年発表 シンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」
    作・編曲 シンセサイザー Osamu Shoji( 東海林 修 )

    このアルバムはOsamu Shoji作品集です。
    特にリクエストが多かったものを
    シンセサイザーの作品として発表されたものです。

    1968年久美かおりさんが歌われた「草の鏡」
    この歌のレビューはこちらです。
    http://palette036.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

    私はこの作品が神秘的であり
    美しいので大好きなのですが

    この作品のライナーに
    「もっと歌謡曲風にと厳命されたころの・・・」と
    複雑な心境が書き記されています。

    (ライナーも その曲に対する想いやエピソードが添えられ
    貴重なものとなっています。)

    私はこの作品が大好きなのですが
    とても歌謡曲風とは聞こえません。
    格調高く 幻想的で 美しい世界だと思います。

    当時の世の中は
    どちらかというとムード歌謡を好まれる傾向にあったのでしょう。
    この時代をリアルタイムに知らない自分ですが
    今聴きますと、女性歌手が 痛々しいほどに艶やかに歌われ
    お色気を競い合うような感じに思えるのです。
    そんな中で 凛とした気品の感じられる女性像を感じられる音楽を
    作っておられたOsamu Shojiだからこそ
    今聴いても 新鮮なのだと思います。

    10年どころか 40年、50年も進んだ音楽だったようにも思います。

    歌詞のない、音楽だけの世界というのも
    イメージが自由に広がり
    とても心地良いと感じます。

    りんごの花の下で
    この作品が入っているシンセサイザーアルバム「りんごの花の下で」は
    東海林修先生のホームページから 購入することができます。

    収録作品
    「空と海がとけあうとき」
    「夜明けの海」
    「地球はまわるよ」
    「りんごの花の下で」
    「特別な望みなどないけれど」
    「草の鏡」
    「愛するあした」
    「愛する人へ」
    「さらば愛の季節」
    「愛しいものへの歌」

    (作品のレビューは作品名をクリックしてご覧ください)
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント