FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ラ・ラ・ラ」(LA LA LA) ザ・ワイルド・ワンズ

    「ラ・ラ・ラ」(LA LA LA) ザ・ワイルド・ワンズ
    作詞・作曲・クラーレンス・ポール 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1968年アルバム「ザ・ワイルド・ワンズ・アルバム 第2集」

    なんといっても このアルバムの目玉といえば
    この「ラ・ラ・ラ」という作品でしょう。

    「シタール奏者の伊勢昌之氏のご協力を得、」と書いてあります。

    シタールという楽器はインドの弦楽器ですが
    エキゾチックで 独特の雰囲気です。
    イッキにインドまで飛んでいく感じです。
    コーラスの入れ方も 当時の異国風で
    なんともいえない魅力があります。

    こういう編曲を さらりとカッコ良くされるのが
    Osamu Shojiのすごさですよね。

    そして ボーカルは まったりと歌われているのが良いです。

    Osamu Shojiの作品関連から
    色々と聴いていくうち
    こうしてワイルドワンズの音楽も聴くようになったのですが
    たぶん このボーカルは 鳥塚繁樹さんかなぁ、と思います。

    この作品のボーカルにぴったりですね。(笑)

    つい悪乗りして書いてしまうのですが
    鳥塚さんって 
    インド系のお顔をされているので
    けっこう間違われたのではないかなぁ、
    なんて思います。
    余計なことですみませんっ。

    ついでに鳥塚さんのボーカルで言うと
    「明日に続く道」が めっちゃ良いですね。

    なんかすごく楽しい~っ!!
    ほのぼの感と同時に
    すごい解放感があります。

    顔も歌声も とても個性のある方だと思います。

    話しはそれましたが
    このような 素晴らしい作品が復刻されたことは
    本当に良かったと思います。

    去年のゆかりさんの復刻も驚きましたが
    今年もゾクゾクとOsamu Shojiの作品が復刻され

    50年経っても色褪せない素晴らしい音楽を作られた
    Osamu Shojiの音楽のすごさを讃えずにはいられません。
    ones68.jpg
    収録作品
     1. 青空のある限り
    ☆ 2. 愛するアニタ
    ☆ 3. 幸せの道
    ☆ 4. シーズ・ア・ウィッチ
    ☆ 5. ラヴ・ユー・ラヴ・ユー
    6. あの人
    ☆ 7. 花のサンフランシスコ
    ☆8. 夢のカリフォルニア
    ☆ 9. イエスタデイ
    ☆10. ラ・ラ・ラ
    ☆ 11. サニーは恋人
    12. ソー・ロング
    ☆Osamu Shoji編曲作品



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント