FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「バラの恋人」ザ・ワイルドワンズ (2)

    「バラの恋人」ザ・ワイルドワンズ (2)
    作詞:安井かずみ 作曲:加瀬邦彦 編曲:Osamu Shoji(東海林 修)
    1968年4月10日発売
    2016.1.27に復刻されたザ・ワイルド・ワンズ・アルバム 第3集 。
    数年前、お茶のコマーシャルで使われたので
    お若い方でも知っている方が多いと思います。

    「想い出の渚」と並ぶ
    ワイルドワンズの代表作品となりましたが
    今回 めでたく復刻されました。

    他にシングルとして発売されたOsamu Shoji編曲作品
    「マーシ・マイ・ラブ」「花のヤングタウン」「あの雲といっしょに」も
    収録されており うれしい復刻です。

    しかし、
    このアルバムには編曲者の記載がいっさいありません。
    ひょっとして・・・炙り出しですか~~っ?!
    炙ったら出てくるんだったら炙ります。
    信じられません!
    私は見つけられないんですけど~っ(涙)
    非常に残念。

    Osamu Shoji作品かどうか
    それはもう 聴けばわかります。
    けれど きちんとクレジットしていただけていなければ
    勝手に語ることもできません。
    このアルバムもほぼOsamu Shoji作品だと思います。
    すごいお宝なのに・・・・
    あんまりなライナーです。

    けれど 聴けばわかる話ですから
    良い音楽は良い。
    だからこうして再び復刻されるわけです。
    もう それでよし、としましょう。

    そしてこのアルバムの一曲目の「バラの恋人」
    本当に何度聴いても飽きません。
    甘酸っぱくて 爽やかで
    心地良くて最高です。

    歌で その瞬間を感じる。
    風が吹き 髪がさらっと揺れ
    甘く香る。

    バラのような ぷっくりとした
    可愛い唇と
    きらきらした瞳が映る。

    恋してときめいた日々を
    ふっと思いだす。

    ボーカルは 渡辺・鳥塚コンビだとライナーに書いてあります。
    鳥塚さんが すごく甘い声だなぁと思っていたのですが
    渡さんの声は さらにものすごく甘い声で
    幼さがあり
    それゆえ 初恋の爽やかさをイメージできて
    この曲にぴったりです。
    サビの渡辺さんのボーカルの甘さが
    Osamu Shojiの編曲で生きています。

    素晴らしい編曲です。 
    最後まで爽やかで晴れやか。
    新しい風を感じます。

    髪がゆれて バラのくちびる
    すねてるようなとこも 好きなのさ
    いつでも逢うたびに 気になるのさ
    まだ 恋人と呼べない君を


    良い曲は 何度繰り返し聴いても
    また聴きたくなります。
    この作品は まさにそんな作品です。

    聴いていると
    気持ちがウキウキとして
    元気になれます。
    バラの恋人
    ワイルドワンズ第三集





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント