web拍手 by FC2

    「川が海をみる日」ザ・ワイルド・ワンズ

    「川が海をみる日」ザ・ワイルド・ワンズ
    作詞・安井かずみ 作曲・渡辺茂樹 編曲・Osamu Shoji ( 東海林 修 )
    1969年発売「ザ・ファイヴ」

    2016.2.24に1969年発売の「ザ・ファイヴ」が復刻されました。
    初CD化です。
    今年はワイルドワンズさんの作品でOsamu Shoji作品に
    たくさん出逢うことが出来、幸せな気分です。
    良い音楽というのは 何十年経っていても新鮮です。
    良い音楽に囲まれて過ごせて 本当に楽しいです。

    さてこの作品は 途中より加入された渡辺茂樹さんの作曲作品です。
    その後も音楽活動を続けられ 特にアレンジャーとしてのご活躍が印象に残っていますが
    このアルバムでは 渡辺さんの作品が多く入っています。
    アレンジを手がけられている作品も2曲あります。
    音楽一家に育たれた、とのことで 
    きちんと基礎が出来ていらっしゃるのでしょう。

    ただ このアルバムは
    なぜか加瀬さんの作品が少ないので(2曲のみ)
    あれ?なんか ワイルドワンズっぽくないな、って
    感じてしまうところはあります。

    当時のファンは 少し戸惑われたかもしれません。

    「川が海をみる日」
    この曲は ソフトロックのさきがけ、を行く作品です。
    神秘的なメロディですがOsamu Shojiの編曲が
    いやーこうきたかーー!!とうれしくなるような
    ハイセンスで格調高く かっこいい作品です。

    最後の終わり方など
    絶対Osamu Shojiにしかできませんね~
    しびれますね~

    詩は安井かずみさん

    風と光に 川は交わり
    人の心を 流していく
    思い出すことも 忘れたことも
    すべて海になる


    はぁ~
    なんて素晴らしい歌詞。
    こういう詩を書かれると
    言葉が出なくなりますね。

    本当に憧れます。

    この流れは
    GAROというバンドに
    繋がっているように感じました。
    ザ・ファイヴ
    ☆. あの頃
    ☆2. 川が海をみる日
    ☆3. あとは知らない
    ☆4. 愛でつなごう
     5. 心のわすれもの
    ☆6. 想い出の砂浜
    ☆7. やさしい人々
    ☆8. 夢は流れても
     9. この街のどこかに
    ☆10. ハロー・ミスター・レイン
    ☆11. 若い世界
    ☆12. 想い出は心の友
    ☆Osamu Shoji編曲作品

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント