FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    「ロックンロールかぐや姫」野口五郎

    「ロックンロールかぐや姫」 野口五郎
    作詞・麻生 香太郎 作・編曲 Osamu Shoji (東海林修)
    1977年4月 日生劇場特別リサイタル

    この作品は1977年4月に行われた日生劇場特別リサイタルのために作られ
    披露された作品です。

    ファンはまだ 夢見がちな乙女であったため
    このような ファンタジーっぽい詩の世界になったのではと思います。

    が、みんな自分が かぐや姫からかけ離れていると思っていたため
    架空の物語のヒロインに語りかけているような気がして
    少し 自分へのメッセージとは受け取りづらく
    ファンタジーとして 受け止めて聴いていたように思います。

    だけど よく聴けば すっごくカッコ良くて ノリのイイ、ゴキゲンな作品です。
    華やかさと カッコ良さと 親しみやすさの感じられる作品。

    リサイタルは まさに夢の世界。
    オープニングから3曲目。

    パワフルなこの作品で イッキに夢の世界の扉を開く感じ。

    きみは悲しい Moonlight 十二単のCinderella
    月の光をみつめながら 泣いてばかりいちゃだめさ
    No No No No No


    このあたりのメロディ 
    Osamu Shojiならではの センスのよい曲の展開!

    ブラスのアレンジなど さすがOsamu Shoji!
    クールでかっこいい!!

    五郎さんはギターを演奏しながらの歌唱。

    憧れだった 日生劇場の舞台に立ち
    日々、全力投球。

    あらためて聴いて パワーのあるカッコイイ作品だと思いました。

    77日生劇場
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント